毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 食べ物

かき氷シロップの再利用法、作り方、代わりになるものは?

投稿日:2017/07/05 更新日:

自家製かき氷の楽しみは
いろんな味を試してみれることにもあります。

でも色んな味のシロップを買ったは良いけど
使い切れなくて困った、なんてことありませんか?

余ってしまったかき氷シロップの活用法と
そもそもシロップを買わなくても
かき氷をおいしく食べられる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

かき氷シロップの再利用法

余ってしまったかき氷シロップは
かき氷以外でも色々と使い道があります!

・ゼリーにする
寒天と合わせてカラフルなゼリーが手軽に作れます。
中にフルーツを入れてもかわいくて良いですね

・焼き菓子に混ぜる
パンケーキやシフォンケーキなどに加えると
いつもとは違った風味の焼き菓子に

・ヨーグルトやアイスにかける
・お湯で割ってホットドリンク

・牛乳と混ぜる
いちごやメロンシロップを牛乳に混ぜるだけで
子供が好む甘い牛乳に早変わりです。

・炭酸で割る
サイダーで割ってバニラアイスを浮かべればフロートが簡単に出来上がります。
レモンシロップならコーラに入れても合いますよ。

・カクテルにする
お酒が好きならリキュール代わりに使っても良いですね。
鮮やかできれいな色のカクテルが作れます。

かき氷シロップ、手作りで好きな分だけ

シロップを買わずに使う分だけ手作りすれば余って困ることがなくなりますね。
また少量ずついろんな味を試すことも出来るので楽しさが広がります。

●レモン果汁と蜂蜜を一緒に温め冷まして蜂蜜レモンシロップ

●インスタントコーヒーと砂糖をお湯に溶かして冷ましたコーヒーシロップ
バニラアイスや練乳などをトッピング

●粉末の抹茶を溶いたものにあんこ、練乳、白玉などを乗せて宇治抹茶風
きなこや黒蜜をかけても◎

●メロンやマンゴー、オレンジ、パイナップルなど
好きな果物を好きなだけ切って乗せるだけ!

缶詰フルーツを凍らせたものも良いですね。

またジャムを作る要領で煮詰める時間を短くしてソース状にすれば
具入りのフルーツシロップの出来上がりです。

保存は煮沸消毒したビンでだいたい1ヶ月ほど持ちますが
保存料など使っていないので早めに食べ切りましょう。

スポンサーリンク
 

万能シロップ、カルピス!

カルピスは非常に手軽で便利なアイテムです。

カルピスのちょっと酸っぱい味わいが
甘くて酸味のある爽やかなかき氷に仕上げてくれます。

色んな味のカルピスがあるのでいくつか揃えて楽しめますし
かき氷で余っても普通に飲むことが出来ます。

また普通にカルピスを作ってそれを凍らせてかき氷にし
更にカルピスをかければ濃厚カルピスかき氷が完成です。

まとめ

市販のシロップには色々と添加物が入っているので嫌な人もいます。
最近ではそういう需要に応えた無添加のシロップも売っていますし

なにより自分で作ってしまえば
余計なものが入っていないシロップが手軽に入手出来ますね。

便利な市販のシロップでも自分の好みに合わせた手作りシロップでも
色々と試して自家製かき氷を楽しみましょう♪

 

 

関連記事→ ふわふわかき氷の作り方(家庭用)

    → かき氷機、家庭用なら電動?手動?選び方と注意点。

スポンサーリンク

-, 日常の知恵, 食べ物
-,

関連記事

濡れた靴の干し方と靴、下駄箱のカビ予防方法。消臭にはコレ!

スポンサーリンク 雨の日に濡れてしまった靴、玄関にそのままにしてしまっていませんか? ましてや下駄箱にそのまましまったりなんてこと、していませんよね? 濡れてしまった靴の乾かし方と 大事な靴をダメにし …

年越しそばは海老天そばで

年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間と食べる理由、由来と意味。

大晦日の夜に食べるものと言えば「年越しそば」ですよね。 でも年越しそばって大晦日のいつ食べるのが正しいのでしょうか? スポンサーリンク

シュトレン

シュトーレンの形の違いと作る際のコツ、ポイント

シュトレンを幾つか買って食べてみたけどなかなか自分の好みのものに出会えない… それなら自分で作ってしまうのもアリですよね。 シュトレン作りは相当手間暇がかかりますが、自分で作ったシュトレンでクリスマス …

たわしの除菌方法とシンク、排水溝の掃除方法。

スポンサーリンク 前回に引き続き、今回もキッチンを清潔に保つ方法をご紹介します。 今回はたわし、シンク、排水溝についてです。 スポンサーリンク

青空の下風に泳ぐ鯉のぼり

鯉のぼりはいつからいつまで出す?夜はしまう?

5月5日はこどもの日。 こどもの日の象徴的なもののひとつと言えば、こいのぼり。 4月に入るとちらほらと風に泳ぐ鯉を見かけるようになりますが、鯉のぼりはいつから飾るものなのでしょう? しまうのはいつ? …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイトの管理人はこんな人。


亀
はじめまして coco です^^
富山県出身、現在は社会人をしながら東京で夫婦2人暮らしをしている30代。

毎日の生活の中で気になったこと、興味のあるイベント行事などについて実体験を混じえながらご紹介していきます*