毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 梅雨対策

梅雨の靴の選び方と雨で濡れた靴の対処法

投稿日:2017/05/24 更新日:

雨の日の外出は靴の汚れが気になりますよね。
梅雨時期だと雨が続いて一度濡れてしまうとなかなか乾かないし…

雨の日の靴の選び方、乾かし方をご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日の靴 雨の日こそサンダルを履く!

ここ数年で雨の日用の色んなタイプの靴が登場していますね。
デザインも豊富でオフィスでも履けるきれいめな物だったり
防水・防滑などの機能も付いて濡れた道でも歩きやすい仕様になっています。

お洒落なレインブーツもたくさん発売されていますね。
お洒落って言ったって結局長靴でしょ、と言ってしまえばそれまでですが
しかしやはり長靴、足元を濡らさない為には長靴が最強です。

でも蒸れが気になったり質感やデザインがどうしても好きじゃない…
という人もいるでしょう。

そんな時は濡れることを前提にサンダルを履くのも一つの方法です。
足先など汚れてしまう可能性は高いですが
拭いたり洗い流したりすればすぐにきれいになります。

雨の日なのにサンダル?と変に思われないか心配に思うかもしれませんが
暑い時期の雨は、むしろサンダルを履いて濡れるのが好きという人もいます。

実際スニーカー等と違って乾きも早いですから
足の不快度は少なく済みますし替えの靴下等も不要で便利です。

トングサンダルは、雨で濡れることによって滑って
指の間が痛くなる可能性があります。
しっかりと指を固定出来る作りのものであれば良いですが
そうでない場合は避けた方が良いでしょう。

またヒールのあるミュール等は滑って転ぶ可能性が高まって危険なので
ヒールが高くなく足を固定出来る作りのものを選ぶようにしましょう。

がっちり濡れるのを防ぐか、いっそのこと濡らしてしまうか。
雨で足が濡れるのは不快かそうでないかは個人差がありますので
自分に合った靴を選ぶと良いですね。

 

雨で濡れた靴を早く乾かすには?新聞紙、扇風機、身近な物で乾かす!

靴が濡れてしまったら、新聞紙を丸めて靴の中に入れておきます。
新聞紙が湿気を吸ってくれるので、ただ脱いで置いておくよりも断然早く乾きます。

また風を当てて乾かす方法もあります。
ドライヤーを使っても良いですが手に持っていなければ危ないですし
熱風の当て過ぎで靴が痛む場合もあります。

なので放置しても大丈夫な扇風機がおすすめです。
ドライヤーよりは乾くのに時間がかかりますが
夜帰ってから一晩、扇風機を当てて置けば翌朝には乾いているでしょう。

靴紐は抜いたり緩めたりして履き口を広くした方が
より内側に湿気がこもりにくくなり乾きやすくなります。

この時、新聞紙と同時使いをすると尚良いですね。

靴を乾かす場所は直射日光を避け陰干しが出来る場所にしましょう。
玄関は意外と湿気がこもる場所なので
靴を干すのはベランダやバルコニーの方が適しています。

直射日光やドライヤー等の熱を与えて乾かすことは
温風面の乾燥が早すぎて収縮の差が出て靴の傷みの原因になります。
日陰に干したりドライヤーの当てすぎには気を付けましょう。

 

専用機器を使って乾かす!

脱水機を使う

小型の脱水機があるのをご存知ですか?

これからの時期はキャンプや登山、海水浴等
アウトドアをたくさん楽しめる時期でもありますから
汚れもの用に一つあると何かと便利ですね。

スポンサーリンク

靴を脱水機にかける時は、靴の内側が洗濯槽の外側に向くようにして
中身の水分が遠心力で外側に飛ぶように置きましょう。

中に小さめの、ハンドタオルなんかを入れておくと尚良いですね。

また型崩れや傷みが気になる場合は
大きめの、バスタオル等にくるむのも良いでしょう。

脱水機能は普段使いの洗濯機にも付いていますが
その洗濯機に靴を入れるのはなかなか勇気がいりますよね。

汚れ物専用の洗濯機があれば良いですが、
そうでない場合は汚れ物を洗ったタイミングで
洗濯槽の掃除をしてしまうのも一つの方法です。

靴乾燥機、布団乾燥機を使う

布団乾燥機には靴乾燥も出来る機能がついているものがあります。
どちらも年中使えるものなので1台あると便利ですね。

これから購入を考えている場合はぜひ
靴乾燥の機能も備えたものを選ぶことをおすすめします。

勿論、靴専用の靴乾燥機もあります。

やっぱり布団乾燥機の方が値は張りますから
布団用は不要という場合は靴乾燥機を買ってしまうのも良いでしょう。

 

まとめ

濡れない生地の靴を履くのが濡らさない為には一番ですが
どうしても布地の靴、スニーカー等を履かなければいけない場合もありますよね。

そんな時の為にも、靴を買った時にまず
防水スプレーをかけるのもおすすめです。

雨だけでなくシミや汚れ防止にもなります。

少しでも雨の日の外出を快適に出来るよう
自分に合ったアイテムを取り入れて工夫してみましょう。

スポンサーリンク

-日常の知恵, 梅雨対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

里芋の葉

里芋の赤い部分は食べられる?新鮮な里芋の選び方・見分け方。

里芋を調理しようと思って皮を剥いたら、なんだか赤いぽつぽつした模様が出来ていたこと、ありませんか?切ってみたら赤く筋が入っていた、なんてことも。 この赤い部分って、何なのでしょう? 食べても害はないの …

曲げわっぱの手入れ。しみ、におい、色移りの対処法。

曲げわっぱのお弁当は、木の素材が良さである反面 正しいお手入れをしないと傷みを早めてしまうことになりかねません。 スポンサーリンク しかし気を付けていても食材のにおいやしみがついてしまうことも。 そん …

洗濯槽の掃除方法と汚れの予防法。重曹やクエン酸は効果的?

スポンサーリンク 洗濯物はこまめに洗うけれど、 じゃぁその洗濯機自体は、洗ったことがありますか? 洗濯したはずなのに洗濯物に黒いゴミが付着している、 洗ったばかりなのに臭う、 こんなことが起こっていま …

イチョウの葉、銀杏

銀杏のにおいの原因・理由は?食べるときは臭くない?

茶碗蒸しにかなりの確率で入っているものと言えば、「銀杏」ですね。 道に落ちた銀杏はすごく臭くて時季になるとその道は避けて通っていたものです。でも食べる時には臭くないですよね。 あの銀杏の臭いって、なん …

菜の花

菜の花の食べ方。茹で方や使い方と保存方法。

スポンサーリンク 菜の花は好きですか? この苦味、春の味だな~と菜の花を食べると感じます。 菜の花の旬はまだ少し寒さの残る頃ではありますが、スーパーなどで菜の花を見かけると暖かい春が来たように感じて嬉 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク