毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

「 春 」 一覧

雛人形の処分方法は?やっぱり供養してもらうべき?

2019/03/04   -行事
 , ,

女の子の健やかな成長を祝う3月3日の桃の節句に飾る雛人形。 雛人形は豪華なら良いという訳ではないけれど、でもお雛様お内裏様だけよりも、やっぱり7段飾りは華やかで特別感はありますよね。 しかしその時はか …

雛人形はいつしまう?いつまで飾る?片付ける時の注意点は?

2019/03/01   -行事
 ,

雛人形は3月3日のひな祭りを過ぎてもしまわないで出していると女の子はお嫁に行き遅れる、なんて言われますよね。 実際のところ雛人形はいつまで出しておいて良いのか?この日までにはしまった方が良い、という日 …

雛人形は何歳まで飾る?一人にひとつ持つべき?お下がりはダメ?

ひな祭り、雛人形って女の子、子どものためのものっていうイメージが強いけど、何歳まで飾って良いもの? 娘には自分の雛人形をあげようと思っていたんだけど、「雛人形は一人にひとつ持つべきだ」って、本当?

雛人形はいつから飾る?飾る場所や方角はどこが良い?

3月3日、女の子の健やかな成長を願うひな祭りの日ですね。 ひな祭りに飾る雛人形、なんとなく2月の中旬~下旬あたりに飾っている人もいると思いますが、実際にはいつ飾ると良いのでしょう? ここには飾らない方 …

豆まきはいつする?正しいやり方や掛け声は?

2月の節分といえば豆まき! 節分は季節の変わり目、季節の節目を指すもので、その時期には邪気が入りやすいと考えられていました。 そこで豆をまいて邪気を追い払おうと考えたのが「豆まき」なんですね。 豆を使 …

泥付きらっきょう

らっきょう漬けが辛すぎた、甘すぎた時の対処法と漬け酢の利用方法。

らっきょうの甘酢漬けが辛すぎた! らっきょうの本漬けが甘すぎた! 手作りだとうまくいかないことだってありますよね。 こんな時の対処法をご紹介します。 また食べ終わった後の漬け酢、そのまま捨ててしまって …

ビンに漬けたらっきょの塩漬け

らっきょうの塩漬けに適した保存容器や保存場所、保存期間は?容器についた簡単においのとり方。

らっきょうの漬物を漬ける時に適した保存容器や保存場所は? らっきょうの漬物はどれくらい保存できる? 保存容器についてしまったらっきょうのニオイをとる方法は? 今回はらっきょうの塩漬け、漬物の保存につい …

輪切り唐辛子を入れたらっきょうの甘酢漬け

らっきょうの漬け方のポイント、注意点。

らっきょうの塩漬けや甘酢漬けなどらっきょうの漬物、手作りしている人も多いと思いますが、せっかくつくるなら美味しく漬けたいですよね。 何度も漬け慣れていれば自分の好みやコツなどもわかりますが、これからは …

鯉のぼりの置物

鯉のぼりは何歳まで飾る?鯉のぼりの選び方とベランダの飾り方。

こどもの健康と成長を祝う、鯉のぼり。 でも「こども」って、鯉のぼりは子供が何歳まで飾るものでしょうか? 小学生くらい?親にとって子供は何歳になっても子供だから年齢なんて関係ない??  

雪の中から顔を出したふきのとう

ふきのとうの花は食べられる?ふきのとうの食べ方、下処理と保存方法。

春の訪れを告げる山菜のひとつ、ふきのとう。 春の苦味を存分に味わえる旬の食べ物ですから、この時期にめいっぱい味わっておきたいですよね。 今回はふきのとうの食べ方、下処理の方法や保存方法、簡単な調理方法 …

菜の花

菜の花の食べ方。茹で方や使い方と保存方法。

菜の花は好きですか? この苦味、春の味だな~と菜の花を食べると感じます。 菜の花の旬はまだ少し寒さの残る頃ではありますが、スーパーなどで菜の花を見かけると暖かい春が来たように感じて嬉しくなりませんか^ …

そら豆の食べ方、茹でる・焼く・蒸す!保存方法は冷凍がおすすめ

初夏に旬を迎える豆。 枝豆やインゲン豆は気軽に調理できるけどそら豆はなんだか難しそう、って思っていませんか? 初めてそら豆を調理するあなたに! シンプルにそら豆を味わう調理方法をご案内します。 基本を …

八十八夜とお茶、茶摘の歌詞が意味するものは?

5月は新茶の時期ですね。 新茶と言えば「♪夏も近付く八十八夜~」と音楽の授業で歌ったことがある人も多いと思いますが、八十八夜って何?どういう意味?お茶との関係は? 実は良く解っていないという人も多いの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク