毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

冬の行事 日常の知恵 食べ物

冬至の食べ物の意味。冬至にゆず、冬至にかぼちゃの理由は?

投稿日:2017/12/06 更新日:

かぼちゃのスープ

冬至と言えば?柚子?かぼちゃ?

実はその他にも冬至と言えばな食べ物があるんです。

今回は冬至の食べ物とその意味についてのご紹介です♪

スポンサーリンク

冬至の食べ物の意味。

冬至には食べると良いとされる食べ物が7つあります!知っていましたか?

・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・金柑(きんかん)
・銀杏(ぎんなん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)=うどん

この7つのことを「冬至の七種(ななくさ)」と言います。
種と書いてくさと読むのですが、七草と言えば春や秋ですよね。でも実は冬にもななくさがあったんですね^^

この7つを見ると、何か気づくことがありませんか?

7つには全て「ん」が2つ含まれているんです。

「ん」のつくものを「運盛り」と言って、「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めると言われています。その「ん」が2つ重なっている訳ですから、それはもう縁起の良い食べ物である訳です。

なぜそもそも冬至に運の付くものを食べるのか?と言うと…

冬至は太陽の南中高度が一番低くなる日で太陽の力が一番弱まった日です。
冬至を堺にして翌日から日の長さが長くなる、つまりこの日を境に太陽に再び力が甦ってくることを意味します。
そんな冬至は太陽が生まれ変わる日、縁起の良い日として昔から世界各地でお祝いの祭りが盛大に行われていました。

そのため、冬至にも「(運)ん」の付く縁起の良いものを食べて運を付けよう、できれば「ん」が2つ付いた方が良いよね、ということで冬至の7種が選ばれたという訳です。

 

冬至にかぼちゃの理由

冬至の七種の中でも特にかぼちゃは有名なので、特に理由は知らなくても冬至にはかぼちゃを食べてきた人も多いと思います。

冬至の日にかぼちゃを食べる風習は全国各地にあって、かぼちゃだけの料理だったり、地域によっては、赤色は邪気を払う色として小豆も一緒に炊いていとこ煮として食べているところもあります。

冬至の日にかぼちゃを食べると風邪を引かない、長生きをすると言われています。

実際、かぼちゃには体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり含まれています。ビタミンAは、肌に艶をもたらしたり動脈硬化を予防したり、他にも粘膜を守ってがんの予防、視力の低下を防ぐ、皮膚や骨、歯の形成に役に立つという効能があります。

今でこそ一年中食べられるようになっているかぼちゃですが、昔は冬に採れる野菜というのは数少なく、また保存出来る野菜も多くはありませんでした。なので冬に入る頃には野菜不足、栄養不足で体調不良になりがちだったんですね。

そこで重宝したのがかぼちゃです。
冬にかぼちゃを食べることで風邪や病気に対する抵抗力を付けて冬を乗り切ってきた、緑黄色野菜が少ない冬を健康に過ごすための生活の知恵だったという訳です。

また、かぼちゃの旬は本来は夏です。かぼちゃ=冬のイメージを持っているかもしれませんが、本来のかぼちゃの旬は夏。

かぼちゃは保存性に優れているので切ったり傷付けたりしなければ長期保存が可能です。それが「かぼちゃ=長生き」の由来の1つでもあります。
そうやって夏に採れたかぼちゃを冬まで貯蔵して食べていたんですね。

今は冬でも輸入のかぼちゃが手に入るのでありがたいですね。わたしはかぼちゃ好きなので年中構わずかぼちゃを食べていますが^^

ちなみに。
かぼちゃには「冬至かぼちゃに年取らせるな」ということわざがあります。

これは、かぼちゃは長期保存が出来るけれど年内の冬至くらいまでには食べないと味も栄養も落ちてしまうので保存も冬至までが限界だよ、年内には食べきるようにしましょう、という意味のことばです。

家庭でかぼちゃを栽培している人は、保存が利くとは言え年内に食べきるようにすると良いですね。

スポンサーリンク

冬至にゆずの意味

冬至にはゆず湯に入るもの!と認識している人も多いと思います。
でもゆずは冬至の七種には入っていませんよね。

ではなぜ冬至=ゆずとなったのでしょう?

それにはいくつか理由があります。

・冬至=湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけている
・柚子=「融通」が利くようにという願いを込めている
・運を呼び込む前に身を清めて厄払いをする為にゆず湯に入っていたから

昔は今のように毎日お風呂に入る習慣はありませんでした。でも冬至は太陽が生まれ変わる縁起の良い日。運を付けたい。運を付けるには身体をきれいにしないと!と言うことで冬至にはお風呂に入ったんですね。

そこに柚子を入れたのは、柚子の旬が冬なことと香りが強いものには邪気がつかないという考えがあったからです。ゆずは柑橘系の爽やかな香りですが、結構強いですよね。

またゆずの木は寿命が長く病気にも強いので、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になりました。

ゆずの皮には体を温める成分が含まれていたり湯上がりの保温効果があるので、何も入れない状態のお風呂に入った時と比べるとゆず湯の方が長く身体を温めてくれる効果があります。それは風邪予防にもなりますよね。

また、柚子とかぼちゃには太陽が関係しているとも言われています。
先にご紹介したように冬至は太陽が復活する日。なので太陽にちなんで丸いものをお供えしました。柚子だったりかぼちゃだったり、他には柿やみかんなどです。
どれも太陽に色形が似ていますよね。

そんな風に、人は昔から自然の流れを祈り、健康を願って暮らして来たんですね。

 

今ではなんとなくの習慣になっていることや廃れてしまったこともありますが、時々でもその意味を再確認して生活に役立てていけたら、日常が少し豊かになる気がしますね^^

今年はあなたもかぼちゃを食べてゆず湯に入ってみてはいかがでしょうか♪

柚子の簡単レシピはこちらでご紹介しています

 

 

【合わせて読みたい】

→ 柚子の使い道と柚子の簡単レシピ
→ そばがきとは?そばがきの作り方と食べ方。

→ ハロウィンの料理と簡単お菓子。かぼちゃ以外だと?

→ 布団の暖かいかけ方、敷き方、敷く順番と羽毛布団の選び方
→ カイロを貼る場所で効果的なのはどこ?寝る時や期限切れでも使える?

→ 年賀状はいつからいつまでに出す?いつまで出せる?
→ 正月飾りはいつからいつまで飾る?使い回しはして良い?処分方法は?
→ 大掃除の順番とコツ。大掃除の効率の良い手順は?

→ よみうりランドのイルミネーション チケットの買い方、料金とアクセス方法

スポンサーリンク

-冬の行事, 日常の知恵, 食べ物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

梅雨時期のお弁当の注意点、傷みにくいおかずやおにぎりの対策方法

梅雨時期に増える食中毒。 自宅での料理は勿論、 お弁当となるともっと気を付けないと心配です。 今回は梅雨でも食中毒を予防出来る お弁当の作り方をご紹介します。 スポンサーリンク 関連

熟して果皮が割れたあけび

あけびの食べ方と食べ頃、選び方と保存方法。

秋の味覚の1つで9月~10月が旬の「あけび」。 都会では自生しているところを見るのはなかなか難しいですが、今でも野山では普通に見かけることが出来ます。 はじめてアケビを買ってみた!ご近所さんからもらっ …

爆ぜたいがぐり

栗の皮の剥き方(基本編)

ほくほくと甘味があって美味しい栗はそのままでも栗ごはんにしても、お菓子にも使えてとっても便利な食材です。 が、栗の皮むきって、大変ですよね。 外側の硬い皮を鬼皮、中のしわしわの皮を渋皮と言いますが、栗 …

クリスマスリース

クリスマスリース手作りの作り方、材料や簡単な方法まで。

今年はクリスマスリースを手作りしたい! スポンサーリンク 本格的な生の植物を使ったものから簡単で意外なものを使った作り方も!? いろんな材料でのクリスマスリースの作り方をご紹介します♪ スポンサーリン …

うなぎに山椒をかける理由は?山椒の効能とうなぎ以外の使い方。

スポンサーリンク 土用の丑の日と言えばそう、うなぎ。 うなぎを食べる時には必ずと言って良いほど 山椒がセットになっていますよね。 でもどうして山椒なのでしょう? スポンサーリンク 関連

スポンサーリンク

スポンサーリンク