毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 食べ物

白玉粉、上新粉、 団子粉の違いは?特徴と選び方。

投稿日:2017/06/22 更新日:

炭火で焼いているお団子

日本の行事ではよく登場する「団子」
ぜんざい、三色団子、柏餅、月見団子…色々ありますが
たまには自分で作ったもので季節を感じるのも良いですよね。

でもいざお団子の材料を買いに行くと
粉にも幾つか種類があって、どれを選んだら良いのやら?

それぞれの粉の特徴と選ぶポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

白玉粉の特徴

白玉団子、団子を作る時に一番耳慣れた粉ではないかなと思います。

白玉粉は、もち米の粉です。
それってもち粉と同じなんじゃ?と思うかもしれませんが、ちょっと違います。

もち粉は、もち米を洗い乾燥させてから粉にしたもの。
白玉粉は、もち粉を水に晒して沈殿したものを乾燥させ砕いて作られます。

どちらも同じもち米の粉ではありますが、
手間を加えた白玉粉の方が粉のキメが細かく非常に滑らかな口当たりで
おもちとは違ったまろやかな風味に仕上がります。

もち米から出来ているので粘りが出やすく
水で練って茹でるだけで軟らかい白玉団子が出来ます。
つるんと滑らか、もちもちとした食べ応え。
団子汁などの料理よりは甘味で食べる方が合います。

白玉粉に水を入れてこねお湯で茹でたら
流水で粗熱とぬめりを取り冷えたらすぐに食べる。
こうするともっちりコシがしっかりした美味しい白玉団子が食べられます。

 

上新粉の特徴

上新粉は、うるち米の粉です。
うるち米というのは、もち米ではない、私たちが普段食べているお米のことです。

上新粉は白玉粉と違い粘り成分が少ない為、粘りが出にくいです。
なので水分を充分含ませ粘りを出す為に、お湯で練ります
また、お湯で練ることで蒸す時に熱が通りやすくなり、
蒸した後よく突くことで弾力のある団子が出来上がります。

茹でても作れますが、蒸したものに比べるとコシは弱くなります。
茹でる場合も、茹で終ったら滑らかになるまで突きましょう。

いずれにしても、お餅と同じように突くことがポイントです。
突くことでコシや滑らかさが出て美味しい団子に仕上がります。

みたらし団子や柏餅など歯応えの強さを楽しみたい、
そんな団子に向いています。

スポンサーリンク

団子粉の特徴

団子粉は、もち米とうるち米の両方が混ざった粉です。
つまり白玉粉と上新粉のブレンド粉ということですね。

比率はものによって様々ですが、
白玉粉が多いほど粘りのがあって硬くなりにくい団子が出来ます。
上新粉が多いほどコシが強く切れの良い団子になります。

団子粉で団子を作る時は上新粉と同じ手順で作ります。
こねたり突いたりして滑らかさやコシを出しましょう。

 

まとめ

簡単にまとめると、

・白玉粉はもち米の粉
・上新粉はうるち米の粉
・団子粉は白玉粉と上新粉のブレンド

で、総じて米粉であり使われているお米の種類によって
それぞれ名前が違うということですね。

一番手軽にお団子が作れるのは白玉粉ですね。

そしてお餅のようなもちもち食感が楽しみたいなら白玉粉、
硬めでコシのある食感が良いなら上新粉、
それよりも軟らかい団子にしたいなら団子粉を選ぶと良いでしょう。

 

 

関連記事

→ 団子の保存方法と解凍方法。
→ おしることぜんざいの違いは?ぜんざいの簡単な作り方。

→ 十五夜のお供え物の意味。お団子?ススキ?萩?
→ 十三夜の意味とお供え物、十五夜と十三夜の縁起の話

スポンサーリンク

-日常の知恵, 食べ物
-

関連記事

ふたを外した目薬

目薬が怖い時の差し方、コツ

デジタルツールの進歩によってドライアイや眼精疲労などの目の症状を訴える人が増えていますね。 そんな疲れ目に効くお手軽なアイテム、目薬。 目薬を使っている人は多いと思いますが でも目の中に何か入れるのは …

ポスト 年賀状投函

年賀状はいつからいつまでに出す?いつまで出せる?

11月になると年賀状の販売がスタートして「年賀状の準備しないと!」とハッとする人も多いと思います。 かく言う私もまだ1ヶ月以上もあるし~なんて思っているとあっという間に年末になって焦ることも多いのです …

たわしの除菌方法とシンク、排水溝の掃除方法。

前回に引き続き、今回もキッチンを清潔に保つ方法をご紹介します。 今回はたわし、シンク、排水溝についてです。 スポンサーリンク

郵便ポスト

年賀状の投函後に喪中はがきが届いたら?書いた後に届いたら?

年賀状の準備、今年こそは余裕を持って…!と早めに準備をしてあとは年明けを待つのみ!と思っていたら、まさか今頃喪中はがき!? もう年賀状書いちゃって投函するのみなんだけど!? もう年賀状ポストに出しちゃ …

緑色の冬瓜

冬瓜の調理方法と保存方法

冬瓜(とうがん)の旬は夏で6月~9月が食べ頃ですが、日持ちが良く夏に収穫したものでも冬まで保存しておけることから「冬瓜」と名前が付けられました。 表面に白っぽい粉が出ていてずっしりと重いものが熟した食 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイトの管理人はこんな人。


亀
はじめまして coco です^^
富山県出身、現在は社会人をしながら東京で夫婦2人暮らしをしている30代。

毎日の生活の中で気になったこと、興味のあるイベント行事などについて実体験を混じえながらご紹介していきます*