毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

スキンケア

肘の黒ずみの原因とケア方法

投稿日:2017/06/19 更新日:

肘は普段なかなか気にして見ないところかもしれませんが
もしかしたらあなたの肘、知らぬ間に黒ずんでしまっていませんか?!

夏が近付いて来ると露出も増えますから
なるべくきれいな肌を出せるよう今から対処していきましょう!

スポンサーリンク

肘の黒ずみの原因は?

気付いたら頬杖をついている、なんてことありませんか?
それに加えて肘は普段から服で衣擦れしたり等
とにかく刺激を受けやすい場所です。

また肘は皮脂や汗が出にくいため潤い不足で乾燥しやすくなっています。
乾燥すればそれだけ保護力が弱まり傷が付きやすくなります。

皮膚は、刺激を受けることでその刺激を庇おうとメラニンを出します。
メラニンは日焼けやシミ・ソバカスの原因でよく耳にすると思いますが
肘の黒ずみもこのメラニンが原因の1つです。

肘は他の皮膚に比べて角質が分厚く
お風呂で何気なく身体を洗っているくらいでは落ちません。
そこに毎日の摩擦刺激が加わって段々と色素が沈着し
結果黒ずんでしまうという訳です。

なので、実は肘は誰でも黒ずみやすい場所なんですね。

では色素が沈着してしまわないようにするには
どうするのが良いのでしょうか?

 

肘の黒ずみのケア方法

黒ずみをなくすには、洗って、保湿をする。
紫外線対策も必要です。

肘にも日焼け止めを塗っていますか?
顔や腕にはしっかり日焼け止めを塗るのに肘は忘れてしまっていませんか?
肘も日焼けをしますから、今日から忘れずに肘にも日焼け止めを塗りましょう。

肘に限らず普段お風呂で身体を洗う時は
赤ちゃんの肌を洗うように優しく洗います。
刺激の少ない絹や綿素材のタオルを使ったり
泡だけで手の平でなでるようにして洗いましょう。

肘は曲げて洗うとシワが伸びてしっかりと洗えます。
洗いやすいようで実はうまく洗えていなかったりするので
ちょっと意識するだけでも洗い上がりが変わってきますよ。

そして月に1度くらいでピーリングやスクラブケアをしましょう。

ピーリングは古い角質を柔らかくして剥がし落とすものです。
商品によって剥がす強さが違って、強すぎると肌がピリピリしますし
やりすぎると皮膚が薄くなってしまいます。

スクラブは細かなつぶつぶで毛穴の汚れや角質を
柔らかくして削り取り除くものです。
やり過ぎると肌を傷つけますし、使いすぎると
摩擦によって色素沈着を起こす可能性もあります。

スポンサーリンク

いずれも肌を傷つけるものではありますが、くすみがある場合、
ただ水やお湯で洗い流しただけではくすみを除くことは困難です。
そんなはがれなくなった古い角質を取り除く為には
このような道具を適度に取り入れると有効的です。

それなら早く黒ずみをなくしたいから毎日使った方が良さそう!
と思うかもしれませんが、それはおすすめできません。
先述したように、きれいにする為とは言え少なからず肌に傷を付けています。
擦りすぎると逆に色素を沈着させ黒ずみを悪化させてしまいかねません。

気になるからと毎日ナイロンやスクラブでごしごし擦っていたら
真っ黒になったりしみになってしまったという事例があります。
何でもやりすぎは良くないのです。

よく週1回ほどと聞くかもしれませんが、それはやりすぎです。
使用頻度は月に1、2度に留めましょう。

おすすめはHOUSE OF ROSEのスクラブです。


無香料・無着色で角質柔軟成分を含んだスクラブが
固くザラついた古い角質をやわらかくして取り除きます。
保湿成分も配合されているのが嬉しい♪

使う時は、適量を手に取り肌と指の間でスクラブを転がすようになでます。
指が肌に触れるか触れないかくらいで大丈夫です。
くるくると円を描くようになでると洗いやすいです。

ごしごしと擦り付けてはいけません。
擦れば傷がつき色素沈着の元になります。
あくまでも優しくなでましょう。

終わったらぬるま湯でよくすすいでください。
そしてケア後は必ずクリームでしっかりと保湿しましょう。
保湿することで肌を保護し摩擦から守ってくれます。

 

まとめ

肘の黒ずみを解消するには、まずは普段の生活で
出来るだけ肘に刺激を与えないようにすること。

そして汚れをはがして落とすことも必要ですが、何よりも保湿が大事です。
スクラブなどでケアをした後は特に皮膚が敏感になっているので保湿は絶対です。

長年かかって出来た黒ずみを
たった1回そこらでなくそうなんて、甘い考えです。

新陳代謝が活発な若い人なら早くて1週間ほどで変化が現れるかもしれませんが
効果が感じられるまでには最低でも1ヶ月はかかると思っておきましょう。

オシャレでキレイな人なのに膝黒いじゃん!お手入れしてないじゃん!
なんて思われたくないですよね。

焦らず、気長に、そして根気良く。

早め早めに対策をして夏本番に向けて準備万端!にしておきましょう。

スポンサーリンク

-スキンケア
-

関連記事

目薬の保存袋

目薬の保管温度と使用期限。目薬は温度よりも光に弱い!?

  目薬の保管は冷蔵庫が良いって聞いたこと、ありませんか? それって嘘?本当? 早々にズバリ核心を突いてしまいますが、 冷蔵庫に保管するかどうかは使用書に答えがあります。 これが確実な答えで …

唇のくすみの原因と対策、改善法

スポンサーリンク 紫外線が気になる季節ですが、 唇も日焼けをするって、知っていますか? 今気になっているその唇のくすみは もしかしたら日焼けが原因かも!? その他にも唇の血色を悪くしてしまう原因と改善 …

背中の汗染み対策にはダブル使いが効果的!

スポンサーリンク 暑いと薄着薄着になってしまいがちですが、 実はそれ、背中の汗染みには逆効果なんです。 スポンサーリンク

爪の健康に必要なものは?

スポンサーリンク きれいに整っていて色もきれいなピンク色の健康的な爪、憧れますよね。 ネイルサロンに通ってきれいなコーティングをして演出するのとはまた違ったきれいさは、それだけで健康に見えます。 そん …

ふたを外した目薬

目薬が怖い時の差し方、コツ

デジタルツールの進歩によってドライアイや眼精疲労などの目の症状を訴える人が増えていますね。 そんな疲れ目に効くお手軽なアイテム、目薬。 目薬を使っている人は多いと思いますが でも目の中に何か入れるのは …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク