毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事 日常の知恵

新盆の白提灯の飾り方、使い回しは可能?盆提灯とは別物?

投稿日:2017/06/09 更新日:

故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。
新盆は「にいぼん・しんぼん」また初盆「はつぼん」と言う場合もあります。

四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌年のお盆が新盆となります。

故人の霊が初めて帰って来る新盆は、故人にとっても迎える側にとっても特別な期間です。

そんな新盆の準備で必要なものの一つに提灯があります。

スポンサーリンク

新盆の白提灯の意味と飾り方、使い回しは可能?

通常の毎年のお盆に使用するのは色や柄のある提灯ですが、新盆では一般的に白い提灯を使います。

新盆の家では、初めて帰ってくる故人の霊が道に迷わない為の目印として新盆用の白提灯を玄関や部屋の窓際等に吊るします。
今では火が危ないということで電気式のものが多いです。

マンション等で玄関に吊るせない場合はベランダや室内に吊るして問題ないです。
室内の場合は外から見える窓際に吊るして、故人の霊がすぐに見つけられるようにカーテンは開けておきましょう。

白提灯は、初めて帰って来る故人が迷わない為のものなので一般的に最初の、新盆の時にしか使わないものです。使い終わったらお寺でお焚き上げをしてもらったり自分で処分をします。

なのですが、1度しか使わず燃やしてしまうのは勿体無い…と思う人もいますよね。
地域によっては、初めに白い提灯に家紋を入れたものを用意して、それを毎年使っているというところもあります。

またお葬式の時に使用した提灯を新盆でも使えないか?と考える人もいると思います。

使えなくもないのですが、たとえば○○家と名前が入った提灯だったとして、その土地の風習として葬儀の際に名前入りの提灯を吊るすのが習わしなら、その提灯をまた吊るすことで○○家でまた誰かが亡くなった、と勘違いされてしまいかねません。

新盆の白提灯を来年以降のお盆でも使えるか。
葬儀で使った提灯を新盆でも使えるか。

これは、使えるとも言えるし使えないとも言えます。ご家庭の考え方で決めても良いですし、世間体など気になる場合は地域の風習に従うと良いです。
住んでいるところはどうなのか、知りたい場合は地域の仏具店や葬儀屋に尋ねると教えてもらえますので一度問い合わせてみてください^^

 

【関連記事▶新盆の白提灯はいつ飾る?処分の仕方と雨対策

 

盆提灯って白提灯とは違うもの?

お盆に用意する提灯には、白提灯の他に盆提灯があります。

白提灯は初めてのお盆で故人をお迎えするためのもの
盆提灯は故人の冥福を祈り家に帰って来た故人を供養、もてなすためのもの

とそれぞれに意味があります。
また盆提灯はお盆のお供えとして最高のものとされています。

盆提灯は白提灯と違って絵柄が入ったもので、毎年飾れます。

盆提灯は一対になっているものが正式ですが、必ずしも2つ飾らなければいけないという訳ではありません。スペースがなければ1つだけでもOKです。

飾り方も地域によって、一対にしなければいけないところもあれば特殊な絵柄の提灯を用いるところもあったりと様々です。一概にこうしなければいけない、とは言えないので新盆を迎える地域の習わしに従うのがベストです。

昔は新盆の時に親戚関係が盆提灯を贈ったものですが、今ではそういう風習も受け継がれなくなってきていて新盆を迎える家が自分で盆提灯を購入するということも増えてきています。

もしも、親戚の家の新盆に盆提灯を用意して行こう、と考えている場合は贈る相手に一度確認してみることをおすすめします。場合によってはたくさんもらっても迷惑になることがあります。

そもそもそんなに飾れる場所がなかったり、毎回出すのが手間だったり、理由は色々あるので事前に確認してから贈った方がお互い良いでしょう。

宗派による盆提灯の違いはありませんが、置き型だったり吊るすタイプだったり、またその種類・形・大きさには違いがあって地域によっては習わしによって扱う提灯が異なる場合があるので、贈る際はその確認もしておきましょう。

値が張るけれど長く使い続けられる上質な、家紋入りなどの提灯を贈るなら、親戚同士話し合って一緒に見繕って贈るというのも一つの方法です。

スポンサーリンク

新盆の白提灯は使い回し可能?盆提灯との違いは? まとめ

お盆に関することの基本的な意味は同じでも、やり方は地域によってバラつきがあります。

たとえ同じ県内であっても地域によっては細かな決まりごとには違いがあることも大いにあります。それくらい、はっきりコレと決まったものがないのがお盆行事だったりします。

迷った時の判断として確実なのは、その地域の地元の仏具店や葬儀社に尋ねることです。
今では葬儀社がお盆行事を取り扱うことも多いです。

近所のお年寄りでも知っているんじゃ?と思うかもしれませんが必ずしもその方がその地域のやり方で全部行っているかは定かではありません。

色々な価値観を持つ人がいるので自分とは違ったしきたりに戸惑うこともあるかもしれませんが、何の為のお盆かと言えば故人をお迎えする為のお盆です。

迎えるのは両親だったり祖父母だったりと様々ですが、おじいちゃんはこうしたら喜んでくれるかな、お母さんはこれが好きそうだなと、お迎えする人を基準に考えても良い筈です。

こういう行事は何かとしきたりに目が行きがちですが、迷ったときは原点に立ち返ると方向性が見えてくるかもしれませんね^^

 

 

【こちらも合わせて読まれています】

→ 新盆、近所や知人への訪問はいつ行くのが良い?服装は?香典の相場とお供え物の有無

→ 新盆見舞い、香典の相場は親族だといくら?提灯代は?お供物は必要?

→ お盆のお供え物の選び方とのしの書き方

スポンサーリンク

-, 夏の行事, 日常の知恵
-, , ,

関連記事

土鍋の扱い方、洗い方や乾かし方と焦げなどの対処法

「土鍋」といえば冬のもの? いえいえそんなことは決してありません! 土鍋が一つあれば年中いつでも美味しい料理が作れます♪ お米を炊いたり、肉じゃがを作ったり、保温だけでなくそうめん等の器として保冷にも …

実はトマトが紛れているお皿に乗った完熟マンゴーとトマト

マンゴーの食べ方、食べ頃の見分け方。口がかゆいのはなぜ?

スポンサーリンク   南国の、夏に食べたい果物の一つにマンゴーがありますね。 元気が出る赤い色に熟れた甘い香り、ひと玉何千円もする高級なものもあって夏の贈り物にもよく選ばれるマンゴーですが、 …

春の七草 すずな・すずしろ・せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ

七草粥の意味と由来。七草粥はいつ食べるもの?簡単で美味しい作り方も。

スポンサーリンク 1月7日は七草粥を食べる日、と記憶している人も多いと思います。 でもなんでおかゆを食べるのでしょうか? そんな七草粥の由来や意味、ご飯を使った簡単な七草粥の作り方をご紹介します♪ ス …

錦糸瓜、糸瓜

そうめんかぼちゃの茹で方、食べ方と保存方法

そうめんかぼちゃ、素麺のようにほぐして食べる不思議なかぼちゃ。 どういう風に調理して食べたらいいの? 食べ方は? スポンサーリンク

注連縄、しめなわ飾り

正月飾りはいつからいつまで飾る?使い回しはして良い?処分方法は?

クリスマスが終われば一気にお正月ムード!ですよね。 お正月飾りの用意は出来ていますか? まだまだきれいだから、って去年のものをまた使おうとしていませんか? 大晦日に慌ただしく飾り付けをするのは実は良く …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク