イベント・お祭り

高円寺阿波踊り、駅の混雑状況と回避策、交通規制の範囲

阿波踊りの本場は徳島県ですが、東京でも至る所で阿波踊りが開催されています。その一つとして有名なのが高円寺で開催される「東京高円寺阿波踊り」。 高円寺阿波踊りは毎年8月の最終土日に開催されるお祭りです。年々人気が増し参加人数も観客数も増え、観...

あんず酒の作り方

そのまま生で食べるのがあんずをダイレクトに感じられておいしい食べ方ですが、お酒が好きならあんず酒にしてみるのもおすすめ。 あんず酒の作り方と、作る際のポイントをご紹介します♪

きゅうりの大量消費、簡単おすすめレシピはコレ!

夏の野菜と言えば、きゅうりですね! きゅうりは身体を冷やしてくれるので暑い夏にはもってこいの食材です。 家庭菜園で育てている人も多いですが、更にご近所さんからも貰ったりなんかしてきゅうりが大量になってしまった…!ってこと、ありますよね。 毎...
スポンサーリンク
日常の知恵

いちじくの白い液体の正体とは?手や口がかゆくなる、ベタベタする原因は?

6月~10月頃まで、夏から秋にかけてが旬のいちじく。 いちじくは甘くて美味しくて栄養価もあるので好きな人も多いですが、 でもいちじくって、切ると白い汁が出てきて触るとかゆくなることがありますよね。 食べると口の中もかゆくなって、本当は食べた...
日常の知恵

いちじくの食べ方と保存方法。

いちじくは夏が旬のものと秋が旬のものがあります。 なのでいちじくは6月~10月頃まで長くたのしめます。 カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンなどがバランスよく含まれており、不老長寿の果物と言われるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物です。 ...

あんずの食べ方と保存方法。加工はジャムが簡単おすすめ!

あんずの旬は6月下旬~7月中旬。この時期だけのものなのでぜひとも味わっておきたいもの。 でもあんずって、どうやって食べれば良いのでしょう?そのまま食べられるの?皮はどうするの? 一度に食べきれなくて余ったあんずはどう保存すれば良い?熟れすぎ...
夏の行事

新盆の白提灯はいつ飾る?処分の仕方と雨対策

お盆の時期には盆棚やお線香を準備したりお経をあげてもらったりと、何かと必要なものがありますよね。 このお盆とは別に、故人が亡くなって四十九日の忌明け後にはじめて迎える「新盆」があります。 新盆の時はいつものお盆とは違って新しく白提灯を用意す...

新盆、近所や知人への訪問はいつ行くのが良い?服装は?香典の相場とお供え物の有無

葬儀には参列したけれど新盆の法要の知らせ等をもらったわけではない、でも親しい間柄の人の新盆だから新盆参りに行きたい。 葬儀など法要には参列していないけれどご近所で新盆を迎える方がいるからお見舞いに行こうと考えている。 こんな時、 事前に連絡...
夏の行事

新盆見舞い、香典の相場は親族だといくら?提灯代は?お供物は必要?

新盆見舞いは初めてのことなのでわからないことが多いですよね。 今回は親族の新盆見舞いのお金に関しての話です。

新盆の白提灯の飾り方、使い回しは可能?盆提灯とは別物?

故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。新盆は「にいぼん・しんぼん」またあるいは初盆「はつぼん」と言う場合もあります。 四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌年のお盆が新盆となります。故人の霊が初めて帰って来る...
スキンケア

背中の汗染み対策にはダブル使いが効果的!

暑いと薄着薄着になってしまいがちですが、実はそれ、背中の汗染みには逆効果なんです。
スキンケア

脇汗のニオイ対策、適した服の素材と避けるべき食事、お風呂の入り方

暑い夏の悩み、脇の汗。汗染みも去ることながら脇汗のニオイも気になりますよね。 今回は脇のニオイ対策をご紹介します。
スキンケア

脇汗対策、脇毛は剃る?剃らない?脇汗を抑えるポイント

夏は、薄着の季節です。そうすると気になるのが洋服の汗染みですよね>< 特に脇の汗は目立ちやすく下着を着てもカバーしきれない場合も多い…男性女性問わず気になる人は多いはずです。 今は色んなタイプの制汗剤がありますが、しかし人によってはお肌に合...
食べ物

モロヘイヤの栄養と効能、家庭菜園での収穫の際に注意すべきこと

「王様の野菜」の異名を持つモロヘイヤ。 今回はそんなモロヘイヤの栄養と効用、家庭菜園で食する際の注意点をご紹介します。
日常の知恵

モロヘイヤの茹で方と美味しい食べ方、保存方法

6月頃から収穫され始め8月に最旬を迎える「モロヘイヤ」 モロヘイヤは全体的に栄養価が極めて高く「野菜の王様」の異名を持つ野菜なんです!ご存じでしたか? 葉の形は紫蘇に似ていて、刻むとぬめりが出てねばねばしています。ニオイはすごく少なく味もク...