毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 春の行事 秋の行事

お彼岸に入籍、お彼岸の結婚式は非常識?縁起が悪い?

投稿日:2017/06/16 更新日:


お彼岸はあの世と近くなる日で死のイメージが強く
入籍や結婚式などお祝い事は避けるべきと考える人がいます。

日本にはなにかと言うと縁起を担ぐ習慣がありますが
実際に縁起が悪いのでしょうか?
お彼岸に慶事は非常識なのでしょうか?

スポンサーリンク

お彼岸に入籍、お彼岸の結婚式は非常識?縁起が悪い?

先述の通り、お彼岸には暗いイメージを持つ人が多く
慶事を避ける傾向があります。

とは言え結婚式は本人同士や両家の都合が大半ですから
お彼岸でも気にしなく、問題がないならお祝い事をしても良いでしょう。

しかし人によっては、特に年配の方や地方では
なんでわざわざお彼岸に?と思う人もいるでしょう。

お彼岸には墓参りに行くし親戚も集まるし、という場合や
父方や母方の実家に行かないとだし、という人もいます。

年配の方やしきたりを大事にする方、大事な家族をなくされた方にとっては
年に2回のお彼岸はお盆や命日のお墓参りと同じくらい
重要な意味を持つ日でもある訳です。

お彼岸と言う、特別な行事がある日なのでやはり
そんな時に他に用事を入れられるのは困る、迷惑と思う人が
なんでもない普通の日よりも多くいることは確かです。

縁起の良し悪しどうこうと言うより、お彼岸には用事がある人が多くなり
招待客に迷惑を掛けてしまう可能性が高くなるから、
という理由でお彼岸の結婚式は避けた方が良いとの考え方が多いということです。

ですが考え方によっては寧ろ、両家のご先祖様にも結婚を報告したい、
最近大事な家族を亡くした、その家族にもお祝いに参加してもらいたい
という思いであえてお彼岸を選ぶ人もいるでしょう。

お彼岸だから縁起が悪い、なんてことはありません。

ゲストの事情を考えると避けた方が良い期間ではありますが
縁起が悪い訳でも絶対に慶事はNGという訳でもありません。

本人たちの仕事の都合や出産の関係等その時を逃せない場合だってあります。
また秋の大安は結婚式に人気の時期で式場が埋まってしまっていて
お彼岸しか空いていないということも大いに有り得ます。

しかもお彼岸という時だからこそ挙式費用が安い場合が多いです。

更にお彼岸は暑くも寒くもなく過ごしやすい気候なので
結婚式には最適な気候でありゲストにもありがたい時期だったりします。

どうしてもその日しか空いていなかった、やむを得ない事情がある、
その日が特別でその日にしたい、という強い思いがあるなら
たとえお彼岸でも慶事を行って全く問題はないでしょう。

スポンサーリンク
 

お彼岸に結婚式をするならその理由を事前に説明すべし

親戚の中に異論を唱える人がいるけれどやっぱり
どうしてもお彼岸に挙式をすると決めたなら、
招待客に事前に経緯を説明しておけば非常識扱いされずに済みます。

何の理由もなしにあえてお彼岸を選ぶとは普通は思いません。
「お彼岸は避けるべきだと解っていたんだけど…」と前置きをした上で
他にずらせない事情や特別な日であること等を伝えると良いでしょう。

挙式の案内は2ヶ月前くらいにはしますから
お彼岸の行事でダメな人はダメで欠席するでしょうし、
問題ない人は問題なく参列してくれるでしょう。

実際に、春のお彼岸の中日に、田舎での結婚式に参列しましたが
たくさんのゲストが出席していましたし
両家の仕事関係の上司もスピーチをされていました。
高齢の親戚の方もいて今は、お彼岸だから…
と考える人は減って来ている印象です。

またお彼岸は連休でもありますから
丁度地元に帰って来ていて都合が良かった、という人もいるでしょう。

お墓参りは、言ってしまえばいつでも出来るものです。
でも結婚式は大抵は人生に一度きりです。

全てのゲストに合わせることなんて出来ませんからね。
ある程度はやむを得ないことと割り切りましょう。



お彼岸に入籍、結婚式はあり?なし? まとめ

そもそも、若い人ほど彼岸という認識が薄かったり
お彼岸でも縁起が悪いイメージを持っていなかったりという傾向にあります。

昔からの考え、風習を受け継ぐのは必要なことですが
時は流れ世の中も変わっていくのですから
考え方にも柔軟性が必要でしょう。

これから一生続いていく大切な記念の日です。
結婚する2人が納得した日にするのが一番大事ですよね。

素敵な記念日になりますように。

スポンサーリンク

-日常の知恵, 春の行事, 秋の行事
-,

関連記事

テーブルに並んだ美味しそうなイチジクのホールタルト

いちじくの白い液体の正体とは?手や口がかゆくなる、ベタベタする原因は?

6月~10月頃まで、夏から秋にかけてが旬のいちじく。 いちじくは甘くて美味しくて栄養価もあるので好きな人も多いですが、 でもいちじくって、切ると白い汁が出てきて触るとかゆくなることがありますよね。 食 …

熟したあけび

あけびの皮の食べ方や調理方法、栄養と効能・効果

あけびは果物として中の果実を食べる方法が一般的ですが、市場に流通しているあけびの約9割の生産地を占める山形県だと皮をメインに食べるところもあって、実はあけびは皮も食べることが出来るんです。 今回はあけ …

明かりの灯ったカラフルな盆提灯

新盆の白提灯の飾り方、使い回しは可能?盆提灯とは別物?

スポンサーリンク 故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。 新盆は「にいぼん・しんぼん」また初盆「はつぼん」と言う場合もあります。 四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌 …

川越まつり ひっかわせ

川越まつりのおすすめ場所と見どころ、楽しみ方

毎年10月の第3土曜、日曜の2日間行われる川越氷川神社の祭礼、「川越まつり」 360年以上にわたり受け継がれてきたお祭りで、祭り自体が国の重要無形民俗文化財に指定されていて、またユネスコの無形文化遺産 …

梅雨時期のお弁当の注意点、傷みにくいおかずやおにぎりの対策方法

梅雨時期に増える食中毒。 自宅での料理は勿論、 お弁当となるともっと気を付けないと心配です。 今回は梅雨でも食中毒を予防出来る お弁当の作り方をご紹介します。 スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク