毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

スキンケア

脇汗対策、脇毛は剃る?剃らない?脇汗を抑えるポイント

投稿日:2017/05/29 更新日:


夏は、薄着の季節です。

そうすると気になるのが洋服の汗染みですよね。

特に脇の汗は目立ちやすく下着を着てもカバーしきれない場合も多くて
気にしている人は多いです。

市場には実に様々な制汗剤、デオドラント商品がありますがどんなタイプのものがあるのでしょうか?

またそのような製品を使う以外のところで出来る脇汗対策をご紹介します!

スポンサーリンク

脇汗対策に脇毛は剃る?剃らない?

女性なら剃っている人が大半の脇毛ですが、単純に脇汗の汗染みだけを考えるなら脇毛は剃らないでいた方が汗染みは軽減されます。それは、脇毛が脇汗を吸ってくれるからです。

汗が脇毛に染みこむことで服の汗染みは軽減されますがしかしそれを超える量の汗をかけば必然的に服に染み込みます。

それよりも脇毛に染み込んだ皮脂が嫌なニオイを放つ原因になる方が厄介です。脇の汗染みはそこまで周りを不快にさせなくても嫌なニオイは大概の人を不快にさせますからね。

なので、

・嫌なニオイの原因を出来るだけ脇に付けさせない為に脇毛は剃る

・毛がなくなってしまったら汗は流れ落ちて行くので
その汗を受け止める為にあせワキパットなどを使う

・制汗スプレーなどを使って汗を出にくくさせる

という風にすると良いでしょう。

脇汗対策に人気のおすすめ商品

市場には実に様々な制汗剤、デオトラント商品が売られていますが体質や汗の程度など人によって全然違う訳ですから正直、どれが合うかは使ってみなければ解りません。

効果があったと感じる人が多いものの方が自分にも効く可能性は高いですが、絶対ではないですよね。それを理解した上で口コミ等を参考に色々試してみると良いでしょう◎

ではどんなタイプの製品があるのか、代表的なものをご紹介します。

まずはパットを脇の部分の衣類に付けて汗染みを予防するもの。


白い服でも目立たないようにと思って白色の商品を選びがちですが実は白色よりもベージュの方が目立ちません。逆に白は白さを強調してしまって意外と目立ってしまいます。

肌の色により近い方が目立ちにくいので白よりもベージュやモカの商品を選ぶことをおすすめします。

衣類に装着したり脇の部分に既にパットが付いている下着等は、肌に直接何かを塗布する必要がないので肌が弱い人や肌にあまり何かを付けたくないという人にぴったりです。また脱毛トラブルで脇に刺激を与えたくないという時にも良いですね。

ただ、付け方が弱かったり付け位置が悪いと取れてしまったり汗染みが出来てしまうのでちょっとコツが必要です。

制汗剤の王道(!?)と言えば制汗スプレーですね。

スプレーした時の爽快感がありつつ脇をサラサラにしてくれます。

様々な香りのものがあるので選ぶ楽しさはありますが好みの香りと自分の汗のニオイとが合うとも限らなかったり。またスプレーが近すぎると冷えすぎて痛みが生じたり狙いが外れて誤って服にスプレーして白くなってしまうことも。

スプレーはシューという音がするので人によっては出先で使うのに抵抗がある場合もあります。

そんな人にぴったりなのが、肌に直接塗るタイプの制汗剤!

スプレータイプと違って直に肌に塗るので狙いが外れる心配がありません。無色透明で衣類に付かない安心感もありますね♪またスプレーに比べてコンパクトなものが多いので持ち運びにも便利です。

日中トイレ等で塗り直す時に音がすることもないので周りを気にせずに使えるのも良いですね。

シートタイプの制汗剤、いわゆる汗拭きシートも音がせず持ち運びに便利です。ただ一度開封するとだんだんと乾燥していくので長期間使用しないとシートが乾いてしまいます。
頻繁に使用すれば心配はないですね。

メイクで使っている人も多い、ベビーパウダーを使う方法もあります。

汗のベタつきを抑えてサラサラにしてくれます。少量で効果を得られるので何度も買う必要がないのは嬉しいですね。パウダーなので服に付くと白くなってしまいますが直接付けられるので誤って衣類に付けてしまう心配を減らせます。

制汗剤、デオドラント製品には香り付きのものが多いですが科学的な香りは場合によってはかえって嫌な脇のニオイを増幅させてしまう恐れがあります

一度試してみれば自分にその香りが合うか合わないかは解ると思いますが特に香りの必要性がないなら始めから無香料タイプを選ぶことをおすすめします。

可能なら店頭サンプルを試してみる等しましょう。

またパウダータイプのものは使いすぎると汗が出てくる汗腺を塞いでしまってかえってニオイの原因になることがあります。使い過ぎには気を付けて適度に使いましょう。

 

スポンサーリンク

脇汗を抑えるツボはコレ!

デオトラント製品を使わずとも出来る脇汗対策があります。
それが、ツボ押し

脇汗を抑えるツボが、脇の下と手にあります。

代表的な2つを挙げると、まず大包(だいほう)

大包は脇の下の骨あたりにあるツボで手をグーにして脇の下のろっ骨を圧迫することで一時的に汗を抑えられます。

ポイントは左右両方のツボを同時に押さえること。痛気持ち良い程度の強さで押しましょう。両手を交差させて押さえるとやりやすいです。

手の脇汗を抑える代表的なツボが、後谿(こけい)

小指の付け根あたりにあります。親指と人差し指でつまむように押しましょう。両手でそれぞれ、ゴルフボール等を2個持って握ることでツボを刺激することも出来ます。

ツボを抑えてその部分の汗抑える仕組みのひとつに「半側発汗」というものがあります。
半側発汗をすごく簡単に説明すると、圧迫されている側の汗がひいて反対側の汗が増える、というものです。

これは舞妓さんが上半身の汗を止める為にしている方法で、舞妓さんは高帯で上半身を圧迫することで顔や脇の汗を抑えています。真夏でも祇園の舞妓さんが白塗りの化粧をしていられるのにはこういう工夫があったからなんですね。

ちなみに上半身の汗を止めた分、出る筈だった汗は下半身で発汗されます

女性なら下着をきつめにつけることでも効果があるかもしれませんね。
また男性も使える汗止めの帯も売られています。

苦しそうで自分には向かないかもしれないけどどうだろう…と考えるなら、試しに紐や帯状の物で自分で試してみると良いですね。その際は締め過ぎて跡が残らないよう注意して試してみましょう。

また脇の下を圧迫し続けていると気分が悪くなる場合もあるので何か調子がおかしいなと感じたらすぐに中止してください。

即効性を求めて一時的に脇の下のツボを押さえる分には問題ないでしょう。

まとめ

脇から汗が出ることは自然なことでむしろ汗をかくのは健康に良いことです。しかしエチケットを考えると汗染みをそのままにしておくのはなかなか、難しいことですよね。

これも効果は一時的なものですが、脇の下や首の後ろに濡れタオルや小さな保冷剤等を当てて身体を冷やすことで汗を抑えることも出来ます。

暑さ対策にもなりますからぜひ合わせて取り入れてみてください。

 

 

関連記事
→ 背中の汗染み対策にはダブル使いが効果的!
→ 脇汗のニオイ対策、適した服の素材と避けるべき食事、お風呂の入り方

スポンサーリンク

-スキンケア,
-,

関連記事

和テイストの飾りをした甘酒

甘酒の効果的な飲み方とタイミング。

飲む点滴と言われ昨今注目を浴びている甘酒。 点滴と言うくらいだから相当栄養価が高いと想像出来ますが、暑い時期の熱中症にも効果はあるのか、気になるところですよね。 また栄養価があると言われても甘酒が苦手 …

カラフルな食べかけのかき氷

かき氷シロップの再利用法、作り方、代わりになるものは?

スポンサーリンク 自家製かき氷の楽しみは いろんな味を試してみれることにもあります。 でも色んな味のシロップを買ったは良いけど 使い切れなくて困った、なんてことありませんか? 余ってしまったかき氷シロ …

緑色の冬瓜

冬瓜の調理方法と保存方法

冬瓜(とうがん)の旬は夏で6月~9月が食べ頃ですが、日持ちが良く夏に収穫したものでも冬まで保存しておけることから「冬瓜」と名前が付けられました。 表面に白っぽい粉が出ていてずっしりと重いものが熟した食 …

モロヘイヤの栄養と効能、家庭菜園での収穫の際に注意すべきこと

「王様の野菜」の異名を持つモロヘイヤ。 今回はそんなモロヘイヤの栄養と効用、家庭菜園で食する際の注意点をご紹介します。 スポンサーリンク

明かりの灯ったカラフルな盆提灯

新盆の白提灯の飾り方、使い回しは可能?盆提灯とは別物?

スポンサーリンク 故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。 新盆は「にいぼん・しんぼん」また初盆「はつぼん」と言う場合もあります。 四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク