毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事 日常の知恵 春の行事 食べ物

八十八夜とお茶、茶摘の歌詞が意味するものは?

投稿日:2017/04/14 更新日:

5月は新茶の時期ですね。

新茶と言えば「♪夏も近付く八十八夜~」と
音楽の授業で歌ったことがある人も多いと思いますが、
八十八夜って何?どういう意味?お茶との関係は?

実は良く解っていないという人も多いのではないでしょうか。

八十八夜と新茶にまつわるあれこれを
紐解いて行こうと思います。

スポンサーリンク

八十八夜とお茶が意味するものは?

「八十八夜」とは何かと言うと、
2月4日立春から数えて88日目にあたる5月2日頃のことを言います。

なぜ昼(日)ではなく「夜」なのかと言うと、
旧暦である太陰暦は月の満ち欠けで月日を記録していました。
ですから月が出ている時、すなわち夜が基準だったということです。

ですので八十八「日」ではなく八十八「夜」となるわけです。

そんな八十八夜とお茶にはどんな関係があるのでしょうか?

「八十八夜の別れ霜」という言葉があります。
この頃から霜が降りなくなり安定した気候となり、
野や山で新しい生命がいっせいに活動を始めます。
霜の害もめっきり減ることから、
農家では稲の種まきや茶摘みなどの農作業の目安とされています。

しかし「八十八夜の忘れ霜」「さつき寒」という言葉もあって、
急に気温が下がって霜が降り
新芽を出した農作物に大きな被害を与えることがある
と農家に注意を促す意味も持っています。

八十八は組み合わせると「米」となります。
末広がりで縁起の良い字であり、
それは八十八歳を米寿として祝うことからも伺えます。

農家でも「米」に結びつくこのめでたい日は
一年の豊作を祈る大事な日とされてきました。

そんな八十八夜に摘んだお茶
古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重され、
これを飲むと一年間無病息災で元気に過ごせる
と言い伝えられています。

 

八十八夜に摘んだ新茶がおいしい理由は?

そんな縁起の良い新茶ですが、そもそも新茶とは
3月半ばから八十八夜頃までに摘まれた
柔らかい新芽から作られるお茶のことを指します。

八十八夜の頃が新茶の最盛期、という意味であって
八十八夜に摘まなければ新茶ではない、
ということではないんですね。

新茶の摘み始めは手で丁寧に摘み取ります。
その後はハサミや機械摘みになります。

お茶は早い時期に摘むほど甘いものが出来ます。
お茶の渋み成分である「カテキン」は
後に摘まれたものほど多くなります。

日当たりの良い所のお茶は渋みが出ると言われます。
遅く摘めば摘むほどその分日光を多く浴びるので
それと同時にカテキンも多くなって渋みも増していく、
ということなんですね。

ですのでまだあまり日光を浴びていない為に
新茶は渋みがなくすっきりとした味わいで
旨みや甘みが感じられるという訳です。

そして新茶の一番の特徴は、その香り
若葉である為爽やかで清清しいフレッシュな香りがします。

真空パックにされていても香りは徐々に失われていきますので
新茶の香りを充分に楽しむ為には
一度にたくさん新茶を買い込むのではなく
少量を都度買うようにした方が良いでしょう。

地方によっては、新茶特有の青臭さを抜きまろやかにする為に
半年間寝かせて熟成させるものもあるようです。

 

茶摘の歌詞と意味は?

八十八夜とお茶の関係が解りましたね。

そんな新茶の時期に思わず口ずさむあの有名な歌
「♪夏も近付く八十八夜~」

全部ちゃんと覚えていますか?
折角なのでここで思い出してみましょう♪

タイトルは「茶摘(ちゃつみ)
タイトル正しく、茶摘の情景を歌った唱歌です。
作詞作曲者は不明なようです。

その歌詞を見てみると、

1.
夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠

スポンサーリンク

2.
日和(ひより)つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ

Wikipediaより

 

 

1.夏が近付いてきた八十八夜
野山には若葉が茂っている
あそこに見えるのは茶摘娘じゃないか
茜色のたすきに菅笠を被っている

 

2.
日和(ひより)つづきの今日このごろを
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ

晴れて良い天気が続いている今日この頃
のどかな気持ちで茶摘をしながら歌う
「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ」

 

新緑に茜色が映える鮮やかな情景が目に浮かびますね。

 

まとめ

一年に一度しか味わえない、みずみずしい新茶。

最近お茶を飲んでいないな、というあなたもぜひ味わってみて。

スポンサーリンク

-夏の行事, 日常の知恵, 春の行事, 食べ物
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

切った里芋

里芋の皮のむき方とゆで方。ぬめりは取るべき?

里芋はぬめりがあるので下処理がちょっと大変な野菜です。 そんな里芋の皮を簡単にむく方法と、むいた後はどう処理したら良いのか、調理方法に沿った処理の仕方をご紹介します♪ スポンサーリンク 関連

くわいの素揚げ

くわいの選び方や種類、特徴

くわいは主に冬に食べられる野菜で、縁起物としてお正月のおせち料理に需要が高まります。 ですが全国的な野菜ですがくわいの存在を知らない人も多く、おせちを作ろうと思って初めて知った、なんて人もいます。 今 …

白いちじく

いちじくの色が白い、緑色のは食べられる?違いは?

いちじくには、よく見る紫色の他にも黄色や黄緑など白っぽいものもありますよね。 あのいちじくは食べられるのでしょうか? いちじくの色の違いって何なのでしょう? スポンサーリンク 関連

新盆の白提灯はいつ飾る?処分の仕方と雨対策

お盆の準備は毎年しているけれど、新盆には白提灯を新しく用意します。 この白提灯はいつもの盆飾りと同じように準備して良いのでしょうか? スポンサーリンク 関連

里芋の葉

里芋の赤い部分は食べられる?新鮮な里芋の選び方・見分け方。

里芋を調理しようと思って皮を剥いたら、なんだか赤いぽつぽつした模様が出来ていたこと、ありませんか?切ってみたら赤く筋が入っていた、なんてことも。 この赤い部分って、何なのでしょう? 食べても害はないの …

スポンサーリンク

スポンサーリンク