毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事

お中元を送る時期と相手は?時期を逃してしまったら?お返しのお礼は必要?

投稿日:2017/05/17 更新日:

7月が近付くとデパートなどで目にする「お中元」の文字。

こんな風にしてお中元の準備をしないと!と気付く人は多いですが、
お中元はいつからいつまで送るのが良いのでしょうか?

そしてお中元は誰に対して送るものでしょうか?

またお中元をもらったら必ずお礼をしないといけないのでしょうか?

スポンサーリンク

お中元を送る時期はいつ?

お中元は、関東関西いずれの地方も
7月1日~7月15日の期間内に送るのが
一般的になっています。

「お中元」そのものは元来は中国のならわしで、
日本ではそれがお盆行事と結びついて普及しました。

祖先の供養をしたり知人やお世話になった人を訪問し合って
交情を深め1年の無事を喜び合う日であり、
江戸時代に特に盛んだったものが、
現在ではこの贈答を中元と呼ぶようになっています。

中元は旧暦の7月15日に行われていたもので、
現代の日本では新暦の7月15日または8月15日が中元です。
地域で見ると、関東でのお中元は7月15日、関西では8月15日です。

なのですが、全国的には7月15日が一般的になっていて
8月15日のお中元は「月遅れ」と呼ばれます。

またそれに倣って関東に送るお中元は7月15日まで、
関西では8月15日までだったのですが、最近では全国的に
7月1日~7月15日頃までに送ることが通例となっています。

厳密に7月15日に送らなければいけない訳ではなく
月初めの7月1日から中旬の15日頃までに送れば問題ありません。

 

お中元は誰に贈るもの?時期を逃してしまったら?

お中元は日頃お世話になった人に中元の時期に感謝の意を込めて贈るものです。
また、これからお世話になる、なりたいと思っている人に贈るのも良いでしょう。

なので送る相手としては先輩や上司、先生など
自分の立場より目上の方に送ることが多いです。
結婚していれば親類に送る場合もあります。

会社によっては、上司に送るところもあれば
そうではないところもありますから
同じような立場の同僚に聞いてみると良いでしょう。

取引先とは礼儀的に送り合っている会社も多いですが
会社の方針で送らないというところもあるでしょう。

それでも、とてもお世話になっているから贈りたいと強く思う相手には、
個人的にお中元を用意して直接相手を訪問して贈ると良いでしょう。

もしも、お中元の時期である7月15日までに贈りそびれてしまったら。

その場合は立秋の8月8日頃までに「暑中見舞い」として、
立秋を過ぎたら「残暑見舞い」として贈れば問題ありません。

ただ、受け取る側の感じ方としては
きちんとお中元の期間に贈られた方が丁寧だと思うでしょうから
期間内に送り忘れのないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

 

お中元のお返しのお礼は必要?

お中元を送っていない相手からお中元が送られてきた場合、
同じようにお中元の品をお返しで送らなければいけないのか?と言うと
必ずしもそうではありません。

言ってしまうと、これは相手との関係性によって変わります。

自分がとてもお世話になっている人にお中元を送るのは
その相手からお返しを貰いたいと思ってのお中元ではないですよね?

感謝の気持ちを贈っているのですから
お礼の品がなくても気になどならない筈です。

そのような関係の相手からは
暑中見舞いや残暑見舞いとしてお礼状が届いたり
お礼の電話がかかってくるものです。

なので、品物を返すほどではないけれど、
受け取りました、ありがとうございますという
報告とお礼を伝えるだけで充分という場合も有ります。

お返しは気持ちですから、
これからの付き合い次第で決めましょう。

送られた相手と同等にこれからも付き合って行きたいと思うなら
同じようにお中元を送れば良いです。
お中元の時期を過ぎてしまったらそれは残暑見舞いとして。

業務上もらったものには、通常、お返しはしないです。
何かの折にありがとうございますとお礼を伝えるだけでも良いでしょう。

相手によっては、送らなくて良いと言っても送ってくる人もいます。
これからも親密な付き合いの必要性を感じない相手なら
お返しをしない、という対応も充分有りです。

ただ、相手の好意はきちんと受け止めて、電話やお便りで
受け取りましたという報告とお礼の言葉は伝えるようにしましょう。



 

お中元を送る時期と相手 まとめ

現在のお中元は、日頃お世話になった人に
中元の時期に感謝の意を込めて贈るものです。

お中元を送る期間は7月1日から15日頃までです。
送り忘れのないようにしましょうね。

お中元を頂いた場合、お返しのお礼は相手によって。

お礼状だけで良い人もいるでしょうし
同等にお世話になりたいと思う相手には
同等対価のお中元を送りましょう。
その際には一言お礼のお便りも添えると尚丁寧で良いですね。

 

 

関連記事 →結婚後、お中元やお歳暮は両親親戚に送るべき?可能なら手渡しで。

スポンサーリンク

-夏の行事
-,

関連記事

新盆の白提灯はいつ飾る?処分の仕方と雨対策

お盆の準備は毎年しているけれど、新盆には白提灯を新しく用意します。 この白提灯はいつもの盆飾りと同じように準備して良いのでしょうか? スポンサーリンク

梅干し作りに適した容器は?重石が必要な理由と重石の代用品

スポンサーリンク 梅干し作りに使う容器って、どういうものが適しているの? 漬物作りと重しはセットで必要なイメージがあるけど、梅干し作りにも必要? スポンサーリンク

バルーンアートをするパフォーマー

高円寺阿波踊り、阿波踊りをじっくり堪能する方法と阿波踊り以外でも楽しめること

高円寺阿波踊りでは、じっくりと舞台上の阿波踊りを見て楽しめるようにもなっています。 スポンサーリンク また阿波踊りが始まるまでの時間も退屈せず楽しめるようなイベントが行われています。 スポンサーリンク

鯉のぼりの置物

鯉のぼりは何歳まで飾る?鯉のぼりの選び方とベランダの飾り方。

こどもの健康と成長を祝う、鯉のぼり。 でも「こども」って、鯉のぼりは子供が何歳まで飾るものでしょうか? 小学生くらい?親にとって子供は何歳になっても子供だから年齢なんて関係ない??   スポ …

新盆、近所や知人への訪問はいつ行くのが良い?服装は?香典の相場とお供え物の有無

スポンサーリンク 葬儀には参列したけれど新盆の法要の知らせ等をもらった訳ではない、 でも親しい間柄の人の新盆だから新盆参りに行きたい。 葬儀など法要には参列していないけれど ご近所で新盆を迎える方がい …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク