毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事

お中元を送る時期と相手は?時期を逃してしまったら?お返しのお礼は必要?

投稿日:2017/05/17 更新日:

7月が近付くとデパートなどで目にする「お中元」の文字。

こんな風にしてお中元の準備をしないと!と気付く人は多いですが、
お中元はいつからいつまで送るのが良いのでしょうか?

そしてお中元は誰に対して送るものでしょうか?

またお中元をもらったら必ずお礼をしないといけないのでしょうか?

スポンサーリンク

お中元を送る時期はいつ?

お中元は、関東関西いずれの地方も
7月1日~7月15日の期間内に送るのが
一般的になっています。

「お中元」そのものは元来は中国のならわしで、
日本ではそれがお盆行事と結びついて普及しました。

祖先の供養をしたり知人やお世話になった人を訪問し合って
交情を深め1年の無事を喜び合う日であり、
江戸時代に特に盛んだったものが、
現在ではこの贈答を中元と呼ぶようになっています。

中元は旧暦の7月15日に行われていたもので、
現代の日本では新暦の7月15日または8月15日が中元です。
地域で見ると、関東でのお中元は7月15日、関西では8月15日です。

なのですが、全国的には7月15日が一般的になっていて
8月15日のお中元は「月遅れ」と呼ばれます。

またそれに倣って関東に送るお中元は7月15日まで、
関西では8月15日までだったのですが、最近では全国的に
7月1日~7月15日頃までに送ることが通例となっています。

厳密に7月15日に送らなければいけない訳ではなく
月初めの7月1日から中旬の15日頃までに送れば問題ありません。

 

お中元は誰に贈るもの?時期を逃してしまったら?

お中元は日頃お世話になった人に中元の時期に感謝の意を込めて贈るものです。
また、これからお世話になる、なりたいと思っている人に贈るのも良いでしょう。

なので送る相手としては先輩や上司、先生など
自分の立場より目上の方に送ることが多いです。
結婚していれば親類に送る場合もあります。

会社によっては、上司に送るところもあれば
そうではないところもありますから
同じような立場の同僚に聞いてみると良いでしょう。

取引先とは礼儀的に送り合っている会社も多いですが
会社の方針で送らないというところもあるでしょう。

それでも、とてもお世話になっているから贈りたいと強く思う相手には、
個人的にお中元を用意して直接相手を訪問して贈ると良いでしょう。

もしも、お中元の時期である7月15日までに贈りそびれてしまったら。

その場合は立秋の8月8日頃までに「暑中見舞い」として、
立秋を過ぎたら「残暑見舞い」として贈れば問題ありません。

ただ、受け取る側の感じ方としては
きちんとお中元の期間に贈られた方が丁寧だと思うでしょうから
期間内に送り忘れのないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

 

お中元のお返しのお礼は必要?

お中元を送っていない相手からお中元が送られてきた場合、
同じようにお中元の品をお返しで送らなければいけないのか?と言うと
必ずしもそうではありません。

言ってしまうと、これは相手との関係性によって変わります。

自分がとてもお世話になっている人にお中元を送るのは
その相手からお返しを貰いたいと思ってのお中元ではないですよね?

感謝の気持ちを贈っているのですから
お礼の品がなくても気になどならない筈です。

そのような関係の相手からは
暑中見舞いや残暑見舞いとしてお礼状が届いたり
お礼の電話がかかってくるものです。

なので、品物を返すほどではないけれど、
受け取りました、ありがとうございますという
報告とお礼を伝えるだけで充分という場合も有ります。

お返しは気持ちですから、
これからの付き合い次第で決めましょう。

送られた相手と同等にこれからも付き合って行きたいと思うなら
同じようにお中元を送れば良いです。
お中元の時期を過ぎてしまったらそれは残暑見舞いとして。

業務上もらったものには、通常、お返しはしないです。
何かの折にありがとうございますとお礼を伝えるだけでも良いでしょう。

相手によっては、送らなくて良いと言っても送ってくる人もいます。
これからも親密な付き合いの必要性を感じない相手なら
お返しをしない、という対応も充分有りです。

ただ、相手の好意はきちんと受け止めて、電話やお便りで
受け取りましたという報告とお礼の言葉は伝えるようにしましょう。



 

お中元を送る時期と相手 まとめ

現在のお中元は、日頃お世話になった人に
中元の時期に感謝の意を込めて贈るものです。

お中元を送る期間は7月1日から15日頃までです。
送り忘れのないようにしましょうね。

お中元を頂いた場合、お返しのお礼は相手によって。

お礼状だけで良い人もいるでしょうし
同等にお世話になりたいと思う相手には
同等対価のお中元を送りましょう。
その際には一言お礼のお便りも添えると尚丁寧で良いですね。

 

 

関連記事 →結婚後、お中元やお歳暮は両親親戚に送るべき?可能なら手渡しで。

スポンサーリンク

-夏の行事
-,

関連記事

ほおずきの壁飾り

ほおずきの食べ方とおしゃれな飾り方

日本では観賞用として栽培されているものが多いほおずき。 でも最近、食べられる食用のほおずきが増えてきています。 ほおずきってどうやって食べるの? 買ったけどおいしくなかった場合、そのまま捨てるのはもっ …

八十八夜とお茶、茶摘の歌詞が意味するものは?

スポンサーリンク 5月は新茶の時期ですね。 新茶と言えば「♪夏も近付く八十八夜~」と音楽の授業で歌ったことがある人も多いと思いますが、八十八夜って何?どういう意味?お茶との関係は? 実は良く解っていな …

緑とオレンジのほおずき

ほおずきの使い方。飾る、遊ぶ、食べる!

8月のお盆が近付くとお花屋さんでも売られ始める「ほおずき」。 鮮やかな色合いとふっくら可愛い形で目を引くほおずきですが ほおずきって、何に使えば良いのでしょう? ただ鑑賞すれば良いのでしょうか? スポ …

七夕まつりの夜の七夕飾り

七夕の笹飾りはいつからいつまで飾る?竹笹を長持ちさせる方法は?

七夕飾りと言えば、竹笹に願い事を書いた短冊を吊るす飾りが一般的になっていますが、その笹飾りはいつから飾れば良いのでしょう?そして片付けるのはいつ? スポンサーリンク せっかくの七夕飾り、出来るだけきれ …

お盆のお供え物の選び方とのしの書き方

スポンサーリンク お盆に親戚や実家に帰省する際のお供え物は どんなものにしたら良い? のしの表書きはなんて書くのが良い? さくっと解決します! スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク