毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

生活のコツ

陶器の目止めを生米でする方法

投稿日:2018/08/10 更新日:

粉引のカップ

お米の磨ぎ汁ではなく生米を使った陶器の目止めの方法をご紹介します♪

スポンサーリンク

生米を使った目止めの方法

今回目止めをするのはコチラ

粉引のカップ

いにま陶房のカフェオレカップ*
粉引(こひき)という陶器です。

いにま陶房 粉引のカフェオレボウル

では早速目止めをしていきます!

まず、鍋に生米を1掴みほど入れます。分量は適当です。

陶器に生米

そこにカップを入れて浸るほどの水を入れます。

目止めの準備

ここでポイントになるのが、沸騰させた中に入れるのではなく水から入れる点です。
沸騰したお湯の中にいきなり入れてしまうと急激な温度変化でカップが割れてしまう可能性があります。
割れてしまうのを防ぐために目止めは水から行います

まずはじめは弱火で加熱。

目止め 中火で加熱開始

いきなり強い火力にすると急に温度が上がって割れの原因になるので、まずはじめは弱火で温めていきます。

5分ほどしたら段々ふつふつしてきました。
そしたら中火にします。

ボコボコと沸騰する前に弱火にします。

沸騰しました

そしたら弱火のまま20分ほど加熱します。

時間が経ったら火を止めて、そのまま半日~1晩放置します。

目止め 一晩置いたもの

↑1晩経ったものです。ちょっと糊状になっているのがわかると思います。
そしたらさっと水洗いして、よく乾かしたら完成です♪

お米はお粥状態になります。気にならなければ食べても問題なしです。

 

スポンサーリンク

目止めをすることで色染みやニオイ移りを防ぐことができます。
また陶器は吸水性があるのでずっと水に浸けておいたり乾かしが不十分だとカビてしまうことがあるので、使用後は放置せず洗ってよく乾かします。

電子レンジは便利ですが、陶器は土の中に空気をたくさん含んでいるのでレンジで加熱すると空気が膨張して割れてしまうこともあります。電子レンジは使わないようにしてくださいね。

土鍋や陶器の器の目止めの方法には、米の磨ぎ汁を使ったり小麦粉を使ったりといろんな方法があります。

その中でもお米のとぎ汁を使う方法の紹介が多いかなと思うのですが、でもとがなくてもそのままのお米を使って目止めすることも出来るんですね。

今回は特にご飯を炊くタイミングではなかったのと簡単に目止めをしたいというのとで、生米を使っての目止めの方法をご紹介しました。

参考にしてみてください^^♪

 

【こちらもあわせてお読みください】

土鍋の扱い方、洗い方や乾かし方と焦げなどの対処法

土鍋の焦げの落とし方。お湯、お酢、重曹を使った方法。

七草粥の意味と由来。七草粥はいつ食べるもの?簡単で美味しい作り方も。

スポンサーリンク

-生活のコツ
-

関連記事

セラミックコーヒーフィルター、有田焼の元祖はLOCA?

コーヒー好きな人はコーヒーを淹れる道具にも色々こだわりがある人が多いと思います。 かく言う私はKINTOのステンレスフィルターを長年使用しているのですが、最近流行りなのがセラミックのコーヒーフィルター …

花は何曜日に買うと新鮮?

お花は好きだけど庭もないし… 鉢植えは育てるのが難しそう… 虫が苦手で… そんな人には切り花が向いていますよね♪ 私もお花が好きで1輪だけ飾ることが多いのですが、生花の切り花は枯れてしまうのが早いのが …

指紋認証が反応しない時の対策とコツ

世の中にはいろんな生体認証システムがありますが、普段から利用しているもの、ありますか? 私の職場では指紋認証を採用しているのですが、特に乾燥する冬は入り口のドアが開けられないし退勤も押せないしで本当に …

ふうりんとすだれ、朝顔で暑い夏を涼しく過ごす

エアコン室外機の直射日光対策。室外機の日よけ効果は?節電になる?

最近の夏はもうエアコンがないと暑さを凌げないほどの厳しさになっていますね。 エアコンは涼しくて快適だけど、気になるのはやっぱり電気代… あれこれ節電や省エネ方法はあるけれど、室外機をどうにかしたら電気 …

正月の輪飾りの飾り方、飾り場所は?いくつ飾るもの?

スポンサーリンク お正月用の飾りを買ってきたは良いものの、開けてみたら同じものが2つ入っているではありませんか。 正月飾りは玄関に1つ飾るのが常だったので、2つ入っていることにびっくり。 これはどう飾 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク