毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り 冬の行事 年末年始 日常の知恵

二日酔いの予防方法と解消、対処方法

投稿日:2017/09/22 更新日:

二日酔いで気分が悪い、めまい

年末年始は忘年会シーズン、お正月、新年会などで飲み会の機会が増えますよね。すごいと週4日、なんなら週5で飲み会をする人も出てきます。

楽しい飲みの場だとついつい飲みすぎてしまって翌日痛い目に遭う、ということは往々にして起こり得ます。二日酔いって、ほんとに辛いですよね。

二日酔いにならない為の予防法と、なってしまったら仕方がない!それでも少しでも二日酔いの症状を軽減する為の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

二日酔い防止対策

二日酔いにならない為には、飲み過ぎないことが最善の対策です。

しかし忘年会など飲み会の場では特に新人だと自分の意思とは無関係に飲まされてしまうこともあります。楽しくなるとあれこれちゃんぽんしてしまったり何杯飲んだか覚えていないくらい飲んでしまう人もいます。

事前に出来る二日酔い対策としては、まず水も飲むこと

体内のアルコールを排出すれば二日酔いになりにくくなります。お酒と一緒にお水も飲むようにして、お酒と同量は飲むようにします。そしてこまめにトイレに行ってアルコールを排出します。

水を飲むことにはアルコールを排出する役割ともう一つ、脱水症状を軽減させる役割があります。
二日酔いはアルコールの摂取による脱水症状によって起こります
なので水を飲んで症状を緩和させましょう。お酒と同量のお水を飲むことが理想です。

ちゃんぽんはしてはいけないという訳ではなくて、その前に飲んだアルコールの摂取量を気にしないで次違うお酒を頼んで、結果、自分の許容量を超えるアルコールを体に入れてしまって二日酔いになっていまいます。

好きなお酒を飲んで良いですが、自分はどこまで飲んだらアウトなのかということはきちんと覚えておきましょう。そうすれば、あと1杯はいけるなとかもうウーロン茶にしておこうなど自分で事前に判断出来るようになっていきます。

あるいは飲み会の前にちょっとおにぎりやうどんなどを食べてから行くというのも方法です。お腹がいっぱいなら飲みすぎ食べすぎ防止になります。
自分をコントロール出来ることも社会人、大人のたしなみですよ。

また飲むお酒を工夫するという手もあります。
ビールやハイボールなどの度数の低いお酒や飲みやすいワインなどはついつい、飲みすぎてしまいがちですが、敢えて度数の強いお酒や一気に飲めないお酒、日本酒だったり焼酎やウィスキーのロックなどを選べば、これらはちびちびと飲むものですから結果的に飲むお酒の量が抑えられて次の日に残りにくく出来ます。

風邪気味など体調を崩していたり、いつもより疲労している、寝不足だという場合はいつよもり酔いが早まりやすいです。辛いけれど忘年会には参加しないといけないという事情もあるでしょう。

参加者との関係性にもよりますが、年末で仕事が忙しくてあんまり休めてないから今日はちょっと抑え気味で、など、最初に宣言してしまえば無理矢理飲まされる危険も減ります。先に予防線を張ってしまいましょう。

飲みすぎてしまった、翌日二日酔いになりそうな予感がする、そんな時に出来ることはまず、寝る前にたくさん水を飲むこと。果汁100%のグレープフルーツジュースや柿などの果物も良いです。

それから、二日酔いに効くと言うもの、キャベジンやヘパリーゼ、ウコン飲料、太田胃散やリポビタンDのようなタウリンが含まれているものを服用しましょう。



二日酔いになってしまった時の対処法

てっとり早いのは、吐いてしまうことです。
体内に吸収されてしまっている分は汗や尿で排出するしかないですが、胃に残っているものは出してしまった方が症状はまだ軽くなります。

ですが、吐くという行為は喉を傷つけます。やり過ぎると血が出ます。

ちょっと話はズレますが、たくさん食べたいしたくさん飲みたいから飲み会中にトイレでわざと吐いてまた食べたり飲んだりするという人がいます。気持ち悪いからではなくです。
たまの飲み会で1回吐くくらいなら問題ないですが、そうしょっちゅう吐いていると喉の負担はかなり大きくなりますから、安易に吐けば良いという考えは持たないでおきましょうね。

目が覚めて二日酔いになってしまっていたら。
まずお風呂に入ってゆっくりと湯船に浸かり汗をかきます。汗と一緒にアルコールを体外に出しましょう。
お風呂に浸かると血行が良くなって代謝が上がりますから、アルコールの抜けが早くなります。熱々ではなくぬる目のお湯にゆっくりと浸かりましょう。
この時、汗をかくことによって脱水症状が起こってしまうと危険ですから、入浴前に必ずたっぷりと水分補給をしておいてください。

動けるようなら、軽くストレッチをしたり散歩をしたりして血行を促しても良いですね。早く治したいからと無茶をすると心臓に負担が掛かってしまいますから、くれぐれも無理のない範囲で行ってください。

またアルコールを尿でも排出する為に利尿作用のある飲み物、コーヒーなどを飲みましょう。濃いコーヒーだと胃への負担が大きいので薄めたものにした方が良いです。

コーヒーに含まれるカフェインは解熱鎮痛作用があるので、二日酔いによる頭痛や胃痛などの痛みを和らげる効果もあります。コーヒーが苦手なら緑茶や紅茶もカフェインを含みますから代わりに飲むと良いですね。

テレビCMなんかで耳にしたことがあると思いますが、しじみやあさりのお味噌汁も効果が期待できます。オルニチンやタウリンの効果で肝機能がアップして体が楽になって来ます。
他にもグレープフルーツやリンゴなどの果物にも肝機能の働きを促進する効果があります。

体内はアルコールの分解で糖分やミネラルが消費されていますから、それらを補う為にりんごや梨、バナナ、柿、みかんなどの果物を食べましょう。果汁100%ジュースなら水分も一緒に摂れますしスポーツドリンクでも良いでしょう。

頭痛がする場合、二日酔いによる頭痛の原因は水分不足によるものです。バファリンなどの薬系は、二日酔いで弱った胃を更に悪くするので、薬はなるべく飲まずに水分補給などで対処した方が良いです。



あとはもう、ゆっくり休むことです。
酷い二日酔いの時は、とにかく布団に入って体を休ませましょう。

寝てしまえば気持ち悪いも何もわかりませんしね。
そしてアルコールが分解されるのをひたすら待つのみです。

スポンサーリンク

二日酔いの予防法と対処法 まとめ

二日酔いにはならないに越したことはありませんが、でも楽しいとついつい飲みすぎてしまうことは誰でもありますよね。

飲みすぎてしまったなと思ったらお水を沢山飲むなどしてから就寝しましょう。
翌朝二日酔いになってしまっても、水分をいっぱいとって、アルコールの分解を補助するものを補給して、そしてゆっくりと休みましょう。

二日酔いはなかなか、即効で回復するものではなくある程度時間がかかってしまうものなので、最終的には時間に身を委ねて安静にしておくのが安全です。

でも一番の予防法は「飲みすぎないこと」だというのをお忘れなく…!

 

 

関連記事→ 飲み会の幹事がすること、日程と出欠確認、お店選びのコツと注意点

    → 飲み会の幹事の流れ、挨拶や始め方、終わり方。

    → ワインの手土産に持ち寄りたい意外でオシャレなおつまみ

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, 冬の行事, 年末年始, 日常の知恵
-, , ,

関連記事

ハロウィン

池袋ハロウィンコスプレフェス コスプレに制限はある?女装はしても良い?

近年ハロウィンが盛り上がっていますね。 池袋で行われるハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス」ならコスプレがはじめてでも気軽に参加出来るイベントになっています。 それはきちんとした運営会社が …

七夕まつりの夜の七夕飾り

七夕の笹飾りはいつからいつまで飾る?竹笹を長持ちさせる方法は?

七夕飾りと言えば、竹笹に願い事を書いた短冊を吊るす飾りが一般的になっていますが、その笹飾りはいつから飾れば良いのでしょう?そして片付けるのはいつ? スポンサーリンク せっかくの七夕飾り、出来るだけきれ …

髪の紫外線ダメージケア方法、紫外線対策に選ぶべきアイテムの色

スポンサーリンク 日焼け対策、紫外線対策と言うと 顔や手足を思いがちですが、 髪だって紫外線のダメージを受けています。 健康な髪を保つ為には髪だって紫外線対策が必要。 ということで今回は髪の紫外線対策 …

バルーンアートをするパフォーマー

高円寺阿波踊り、阿波踊りをじっくり堪能する方法と阿波踊り以外でも楽しめること

高円寺阿波踊りでは、じっくりと舞台上の阿波踊りを見て楽しめるようにもなっています。 また阿波踊りが始まるまでの時間も退屈せず楽しめるようなイベントが行われています。 スポンサーリンク

川越まつり ひっかわせ

川越まつりのおすすめ場所と見どころ、楽しみ方

毎年10月の第3土曜、日曜の2日間行われる川越氷川神社の祭礼、「川越まつり」 360年以上にわたり受け継がれてきたお祭りで、祭り自体が国の重要無形民俗文化財に指定されていて、またユネスコの無形文化遺産 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク