毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事

新盆見舞い、香典の相場は親族だといくら?提灯代は?お供物は必要?

投稿日:2017/06/10 更新日:

新盆見舞いは初めてのことなのでわからないことが多いですよね。

今回は親族の新盆見舞いのお金に関しての話です。

スポンサーリンク

親族の新盆見舞い、提灯代と香典の相場は?

まず大前提に、お盆行事にはコレといった確実なものがありません。
地域地域での風習があり一概にこれが正しい、とは断言出来ないのが実際のところです。

お金に関しても然りで、御仏前、新盆見舞いに決まった金額はありません。
一般的な、多くの地域では親族だと5千円か多くて1万円です。

親族では御仏前の他に、
新盆に提灯は贈らず提灯代として現金を渡す場合があります。

提灯代は「御提灯代」の表書きで5千円か1万円包む場合が多いですが
可能であれば新盆見舞いに出席する近しい親族と相談するのが良いです。

実家と義実家など地域によって風習の違いもありますから
事前に話を合わせておけばその後のわだかまりが出来ずに済みます。

 

新盆見舞い、香典の表書きは?

不祝儀袋は「御仏前」「御佛前」「盆供」を使用しましょう。
葬儀ではないので「御霊前」は避けます。

地域によっては御仏前の右側に「新盆」「新盆御見舞」等書くところもありますが絶対ではありません。
気持ちが正しく伝われば良いので御仏前だけでも充分です。
一家の代表者(大抵は夫)の姓名を書いてお包みしましょう。

スポンサーリンク

新盆のお返しはの金額は一般的に半返しと言われています。
ですが地域によっては新盆のお返しはしないところもあります。

見返りを求めて包む人はいないと思いますが、
とは言えもやもやする人もいるでしょう。
お返しがないんだけど…などと思わずに
そういう地域もあるということは認識しておいても良いでしょう。

 

盆提灯を贈った場合の御仏前は必要?

盆提灯を贈った場合は、一般的に御仏前は包まず
3千円くらいの、菓子折りなどのお供え物を持参する場合が多いです。
故人の好物や日持ちのするお菓子をお供えしましょう。

ですが地域によっては提灯と御仏前も包むところもあります。
これも親しい親族と話して決めるのが良いでしょう。

例えば2人兄弟なら提灯を2人で贈り、
他に菓子折りをお供えするのかそれとも御仏前を包むのか決めると無難です。

片方が菓子折りで片方が御仏前だと変にわだかまりが出来ないとも言えません。
お互いに相談して決めるのが良い法方です。

盆提灯を貰ったから何もいらない、と言われるかもしれませんが
たとえ実家であったとしても手ぶらで行くのは
ちょっと気が引けると感じる人も多いでしょうし
あなたが妻であり実家の新盆見舞いだとしても
夫の顔を立てるという意味でもお供え物は持参することをおすすめします。

 

まとめ

一概にこう、と断言は出来ませんが、親族の新盆見舞いでは

・御提灯代、御仏前、お供物
・御提灯代、御仏前
・盆提灯、御仏前あるいはお供物

のどれかであることが多いです。

いずれにせよ親族同士で相談して決めるのが一番無難です。
新盆は故人をお迎えする大切な行事ですから
余計なことで変にわだかまりを生まないよう
事前に話をして解決しておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

-夏の行事
-,

関連記事

八十八夜とお茶、茶摘の歌詞が意味するものは?

スポンサーリンク 5月は新茶の時期ですね。 新茶と言えば「♪夏も近付く八十八夜~」と音楽の授業で歌ったことがある人も多いと思いますが、八十八夜って何?どういう意味?お茶との関係は? 実は良く解っていな …

阿波踊りを踊る女性たち

高円寺阿波踊りで席を確保する方法と雨に濡れない場所

高円寺阿波踊りで、阿波踊りそのものを楽しみたいならやはり見物場所の確保が最低限必須となります。 こういう見物するお祭りには桟敷席()と言って、段になっていてちょっと高いところから座って見られる席が設置 …

ほおずきの壁飾り

ほおずきの食べ方とおしゃれな飾り方

日本では観賞用として栽培されているものが多いほおずき。 でも最近、食べられる食用のほおずきが増えてきています。 ほおずきってどうやって食べるの? 買ったけどおいしくなかった場合、そのまま捨てるのはもっ …

夜の阿波踊り、踊る女性

高円寺阿波踊り、浴衣や子供連れでも問題ない?飛び入り参加は可能?

今回は、高円寺阿波踊りは浴衣でも楽しめるのか、また子供連れでも楽しめるのか、自分も踊りなくなったら踊りに参加出来るのか?についてご紹介します。 他にもこちらでご紹介していますので併せて参考にしてみてく …

明かりの灯ったカラフルな盆提灯

新盆の白提灯の飾り方、使い回しは可能?盆提灯とは別物?

スポンサーリンク 故人が亡くなって四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を新盆といいます。 新盆は「にいぼん・しんぼん」また初盆「はつぼん」と言う場合もあります。 四十九日より前にお盆を迎えた場合は、翌 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク