毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り イルミネーション クリスマス デート、おでかけ 冬の行事

よみうりランドのイルミネーション チケットの買い方、料金とアクセス方法

投稿日:2017/10/26 更新日:

よみうりランドゴンドラスカイシャトル

東京の夜景とイルミネーションを一緒に楽しめるよみうりランドのイルミネーション「ジュエルミネーション」。

イルミネーションを見たい場合のチケットの料金は?
よみうりランドって遊園地だったと思うけど、その料金も払わないといけないのかな?
イルミネーションだけ見たいんだけどそういうのは出来るの?

そんな迷うチケットの買い方を目的別にわかりやすくご紹介します♪

スポンサーリンク

よみうりランド、シチュエーション別チケットの買い方

まず、よみうりランドは遊園地なので乗り物などのアトラクションがあります。開園は日曜日は9時、その他はだいたい10時オープンで17時くらいが閉園です。

そして10月~2月のイルミネーション期間の「ジュエルミネーション」が見られる時間帯は16時~20時30分です。
クリスマス期間の12/16~12/25は21時まで延長されます。

イルミネーション期間中のアトラクションの営業は20時までなので、たとえばクリスマスの日に行って、20時まではアトラクションで遊んで20時~21時まではイルミネーションを見る、という遊び方が出来るということです。

イルミネーション期間中のアトラクションは、16時前と以降とで営業するアトラクションが違います。
バンジージャンプとアシカショーは16時30分まで、クレイジーヒュー・ストンは18時まで、その他のアトラクションは20時までです。

よみうりランドは遊園地ですが、アトラクションには乗らずにイルミネーションだけ見ることも出来ます

アトラクションに乗りたい、イルミネーション「ジュエルミネーション」だけ見たい等で行く時間や目的が変わってきますよね。
よみうりランドのイルミネーション期間中は目的によって買うチケットが違ってくるので、それぞれの目的に合ったチケットの買い方をして損のないようにしましょう。

では目的ごとのチケットの買い方をご紹介します。

■イルミネーションだけ見たい場合

イルミネーション開始の16時より前から入園してイルミネーションだけ見る
→ オープンから入園できる「入園料」チケット

たとえば14時に入園して園内を散策して16時からイルミネーションを見て20時30分に帰る、という時はこの入園料チケットを買います。
昼と夜とでチケットを買い足さなければいけないということもありません。開園から閉園までずっといられるチケットです。
このチケットではアトラクションには乗れません

 

イルミネーション開始の16時以降に入園してイルミネーションだけ見る
→ 16時から入園出来る「ナイト入園料」チケット

ナイト入園料のチケットを買えば、16時から入園が出来るようになってイルミネーションを見ることが出来ます。このチケットではアトラクションには乗れません。

①か②のチケットで入園したけど、乗りたいアトラクションがあった場合には「のりもの券」を乗りたいアトラクションの数だけ買えば乗れます。

のりもの券

アトラクションによって料金が400円だったり900円だったりと異なるので必要な料金分を買いましょう。

 

■イルミネーションを見て観覧車にだけ乗りたい場合

 →①「入園料」か②「ナイト入園料」+ のりもの券300円×2枚

よみうりランドの目玉アトラクションとして「大観覧車」があります。
観覧車に乗ってイルミネーションを眺めるのもロマンチックですよね。カップルにはぴったりです。
大観覧車は600円の利用料金がかかるので、各種入園料チケットと600円分ののりものチケットを買って観覧車に乗りましょう。

クリスマス時の12/24、25の観覧車は一年で最も混雑する時で待ち時間も長いと2時間待ちなどあるので、観覧車に乗りたいけど状況によっては諦めよう、と現地に行ってから決めたい場合なんかにはひとまず入園料だけで入園して様子を見てからのりもの券を買うというのも方法です。

 

■イルミネーションを見ていろいろアトラクションにも乗りたい場合

16時より前から入園してアトラクションにも乗ってイルミネーションも見る
→入園料とのりもの乗り放題がセットになった「ワンデーパス」チケット

例えば12時に入園してアトラクションを楽しんで、17時にイルミネーションを見て回って、18時にまたアトラクションに乗る、という場合にはこのワンデーパスを買いましょう。

ワンデーパスは開園から閉園まで乗り物が乗り放題で、そのままイルミネーション見られて夜のアクションも乗り放題です。大観覧車にも乗れます
ただしバンジージャンプや現金専用アトラクションなどは別途料金が必要です。

 

16時以降に入園してアトラクションにも乗ってイルミネーションも見る
→16時から入園出来てのりもの乗り放題の「ナイトパス」チケット

16時以降に入園してイルミネーションを見てアトラクションにも乗りたい場合は「ナイトパス」チケットを買います。ただしナイトパスでは大観覧車には乗れません。別途600円分ののりもの券が必要になります。
またバンジージャンプや現金専用アトラクションなども別途料金が必要です。

 

■イルミネーションを見て指定アトラクションにだけいくつか乗りたい場合

→入園料と指定ののりものが乗り放題の「ひよこパス」チケット

ひよこパスで乗れるアトラクションはこちらから確認出来ます。

たとえば12時から入園して、乗りたいアトラクションがこの指定内のものと大観覧車なら、
・ひよこパスおとな3,800円+大観覧車600円=4,400円
となって、おとな5,400円のワンデーパスを買わなくても1,000円お得になります。

 

ちょっとややこしいですがまとめるとこんな感じです。

コンビニのセブンならナイトパスの前売り券が買えます!
既に予定が決まっているなら前売り券を買ったほうがスムーズに入園出来るので時間短縮になっておすすめです。ぜひ利用しましょう。

□詳しくはセブンチケットホームページで。

 

スポンサーリンク

よみうりランドのアクセス方法

「よみうりランド」東京都稲城市矢野口4015-1

よみうりランドへのアクセス方法はいくつかありますが、イルミネーションの時期はGWに次いで混雑する時期なので電車で行くのがおすすめです。

駐車場は2,000台分あって1日1,500円で利用できますが、イルミネーション中は平日でも夜は渋滞します。

駐車場は7:30~22:00まで利用出来て、イルミネーション前の日中早い営業時間から入園するならまだ空いていますが、イルミネーション時間を狙っていくなら混雑は必至です。
早い時間に入園して停められてもイルミネーションを見終わって帰る時はみんな大体同時なので駐車場から出るだけでもまた渋滞です。

どうしても車で行きたいならよみうりランド最寄り駅から2~3駅離れた場所に車を停めてそこから電車で行くと良いです。
駐車場に入りたいが為に混雑するわけですからね。そこを回避すれば車で行っても問題ないでしょう。

渋滞で無駄に時間がかかってしまうのが嫌なら電車で行った方がラクでストレスも少ないのでおすすめです。

電車でのアクセス方法

よみうりランドの最寄り駅は2つあって、「小田急線 読売ランド前駅」と「京王相模原線 京王よみうりランド駅」です。
それぞれの駅からよみうりランドまでは距離があるので更に何かしら交通手段を利用して行くのが通常です。

小田急線「読売ランド前駅」から行く場合
小田急線新宿駅から

小田急バス詳細
小田急線からバス詳細

バスの運行数は平日だと1時間に2~3本、土日祝なら1時間に3~4本で運行しています。
時刻表はこちらから

京王線「京王よみうりランド駅」から行く場合
京王線新宿駅から

小田急バス詳細京王線からバス詳細

運行数はこちらも平日だと1時間に2~3本、土日祝は1時間に3~4本で運行しています。
□時刻表はこちらから

原則よみうりランドの入り口は1ヶ所しかないので京王、小田急どちらから行っても降りるバス停は同じ「よみうりランド」です。


また、京王線で行く場合はゴンドラに乗る方法もあります。

ゴンドラ!
ゴンドラって言うと山登りとかスキーなんかを想像すると思うのですが、よみうりランドは多摩丘陵南部の傾斜に沿った場所にあるので坂の上にあります。

ゴンドラ「スカイシャトル」を利用するとゴンドラからよみうりランドのイルミネーションを眺めることが出来るので、京王線で行くならゴンドラも利用すると上空からのイルミネーションも楽しめますよ♪
乗車時間は5~10分くらいです。春には桜も見られてきれいです。

よみうりランド桜

ゴンドラ利用料金

このゴンドラ、よみうりランドの大型コースター「バンデット」の真横を通っています。

スカイシャトルとバンデット

タイミングが合えばコースターに乗っている人と手を振ってあいさつ、なんてのも楽しいですよ^^

ちなみに、よみうりランドのキャッチコピーの1つに「空から行けちゃう遊園地」というのがあるんですが、それはこのゴンドラからきているものだったりします。

ただ、京王よみうりランド駅からこのゴンドラ乗り場までは結構階段があってキツめです。体力的にラクで料金も安いのはバスなのですが、上空からもイルミネーションを見たい!空から行けちゃう体験がしたい!という場合はゴンドラに乗って楽しむのもまた良しです♪

 

よみうりランドのイルミネーション、チケット料金と買い方 まとめ

よみうりランドは遊園地なのでアトラクションに乗って遊ぶことも出来ますし、イルミネーション期間中ならイルミネーションだけを見に遊びに行くという使い方も出来ます。

気分や目的によって色々と楽しみ方が変えられるので、それぞれの目的に合ったチケットの買い方を選びましょう。

イルミネーション期間中は車だと混雑、渋滞が予想されるので電車で行くのが時間も読みやすく安心出来るアクセス方法です。

もし、どうしても車で行きたいならよみうりランドの駐車場を利用するのではなく2、3駅離れた駅の駐車場に停めてそこから電車に乗って行くと渋滞に巻き込まれずに行くことが出来るのでおすすめです♪

 

 

こちらも一緒にいかがですか?

→ クリスマスマーケット、東京なら日比谷と六本木どっちがおすすめ?
→ 六義園紅葉ライトアップを満喫する方法
→ 都内の紅葉、穴場はここ!

→ 京都の紅葉を雨でも楽しめるおすすめ寺院3選

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, イルミネーション, クリスマス, デート、おでかけ, 冬の行事
-, , ,

関連記事

ほおずきの壁飾り

ほおずきの食べ方とおしゃれな飾り方

日本では観賞用として栽培されているものが多いほおずき。 でも最近、食べられる食用のほおずきが増えてきています。 ほおずきってどうやって食べるの? 買ったけどおいしくなかった場合、そのまま捨てるのはもっ …

祭りでお神輿を担ぐ人たちの賑わい

池袋ふくろ祭り2018前夜祭・御輿の祭典の見どころ

東京の都市池袋で秋に行われるふくろ祭り。 第1部が9月末の「御輿の祭典」、第2部が10月始めの「踊りの祭典」と2回に分けて行なわれる豊島区を代表する区民祭です。 第二部の踊りの祭典「東京よさこいコンテ …

パネトーネ

パネトーネとは?パネトーネの食べ方と保存方法、保存期間

最近日本でもクリスマスの時期によく見かけるパネトーネ。 でもパネトーネって、どういうもの? 今回はパネトーネの特徴やその名前の由来から、食べ方や保存方法をご紹介します。 きっとパネトーネを買いに行きた …

目白庭園 紅葉

都内の紅葉、穴場はここ!

都内には六義園や神宮外苑など紅葉の名所がたくさんありますよ。 でも名所だからこそ有名で訪れる人が多く混雑するのが問題点でもあります。 今回は、誰もが知っている!という有名な場所ではないけれど都内で紅葉 …

春の七草 すずな・すずしろ・せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ

七草粥の意味と由来。七草粥はいつ食べるもの?簡単で美味しい作り方も。

1月7日は七草粥を食べる日、と記憶している人も多いと思います。 でもなんでおかゆを食べるのでしょうか? そんな七草粥の由来や意味、ご飯を使った簡単な七草粥の作り方をご紹介します♪ スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク