毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 食べ物

あんずの食べ方と保存方法。加工はジャムが簡単おすすめ!

投稿日:2017/07/02 更新日:

あんずの旬は6月下旬~7月中旬。

この時期だけのものなのでぜひとも味わっておきたいもの。

でもあんずって、どうやって食べれば良いのでしょう?
そのまま食べられるの?皮はどうするの?

一度に食べきれなくて余ったあんずはどう保存すれば良い?
熟れすぎてしまったものはどうしたら良いの?

そんな疑問にさくっとお答えします♪

スポンサーリンク

あんずの食べ方

生の杏子がきれいな明るいオレンジ色になったら
丁度食べ頃に熟れたサインです。
梅のような桃のような、甘い香りがしていればOKです。

そんな杏子をゲットしたら、水でさっときれいに洗って皮ごと食べましょう

筋に沿って包丁を入れると簡単に半分に割れますので
そうしたら種を取って、食べやすい大きさに切って食べましょう。
種は簡単にぽろっと取れます。

冷えていた方が好きな場合は、冷蔵庫で冷やしておいて
洗って切って食べれば良いですね。

そのままかぶりついても良いですし、
スライスにしてみたり一口サイズにしてみたり。

ヨーグルトに載せたりお菓子の材料にしても良いですね。

皮の食感が苦手なら皮は剥いてしまいましょう。

杏子は水分が少なくてちょっと硬く、甘酸っぱい味です。
梅や桃などと近い果物なので、生の杏子の食感は
ちょっと早い桃みたいなカリッとした食感だったりプラムのようでもあったり、
香りも味わいも似ています。

熟した桃なんかと比べれば瑞々しさは少ないですが
ほのかな甘味と酸味が効いた爽やかな味わいです。

あまり甘くない果物が好きな人、
酸っぱいものが好きな人にはぜひおすすめの果物です。
旬が丁度梅雨時期でもありますからさっぱりした味わいも嬉しいですね。

もしも、ゲットしたのがまだ食べ頃ではない杏子だったら
そのまま常温で保存して追熟させましょう。
きれいに色付いて甘い香りがしてきたら食べ頃の合図です。

スポンサーリンク

あんずの保存方法

アンズは日持ちがしないので早く食べるのがベストです。

ですがどうしても食べ切れずに余ってしまったら
乾燥しないようラップに包んだり袋に入れるなどして冷蔵庫で保存します。

それでも出来るだけ早く食べるようにしましょう。

また洗って切って種を除いた状態で
ジップロックなどに入れて冷凍保存も可能です。

使いたい分だけ都度ジュースにしたりジャムにしたり、
またはそのままアンズシャーベットのようにして食べても良いですね。

またミキサーにかけてペースト状にした状態で
ジップロックなどに入れて冷凍しておいても良いでしょう。

ドライフルーツにする方法もありますが、梅雨の時期ということもあって
うまく天日干しをするのは気候的になかなか難しいのが現状です。

どうしてもドライアンズにしたいなら
100度のオーブンでじっくり1時間ほどかけて熱を入れましょう。
セミドライ、ドライなどは時々様子を見て
好みの具合に仕上げると良いですね。

とっても簡単!杏ジャムの作り方

見た目は熟していたけど食べてみたら酸っぱくて食べられない、
あるいは熟しすぎて軟らかくなってしまって好みじゃない、
そうなってしまったあんずはジャムにしてしまうのがおすすめです。

とっても簡単なレシピをご紹介します☆

材料ーーーーー
・あんず500g
・砂糖250g

作り方ーーーー
1、あんずをきれいに水洗いし、半分に切って種を除きます。
皮はついたままでOKです。

2、鍋にあんずを入れたら砂糖をまぶします。
15分くらいすると水分が出てきます。

3、そのまま弱火にかけて好みの具合まで煮詰めます。
途中、灰汁が出てくるので丁寧に取り除きましょう。
また焦げ付かないように都度混ぜてください。
混ぜていると時々飛ぶことがあるので火傷にはご注意を。

4、好みの具合まで煮詰まったら
煮沸消毒などしたきれいな容器に詰めて
冷めたら冷蔵庫で保管しましょう。

ーーーーー

皮を剥くのはちょっと手間ですし
マーマレードのような苦味や硬さも殆どないので
気にならなければ皮ごと煮込んでしまいましょう。

もしも仕上がりの甘さが足りなかったなと思ったら
食べる時に蜂蜜やシロップを足してかけたり
お菓子に混ぜ込んだりして使えば良いですね。

防腐剤など使用していないので
出来るだけ早く食べ切るようにしましょう。

まとめ

あんずは胃腸の働きを良くしてくれたり乳酸を減して疲れを取り除いたり、
肩凝り、腰痛の防止にも効果があります。

また女性に嬉しい、貧血防止に役立つ鉄分や
便秘解消に効く食物繊維も多く含んでいます。

じめっとした時期に丁度良い、栄養のある
甘酸っぱい爽やかな味をぜひ逃すことなく味わってみてください♪

 

 

関連記事→ あんず酒の作り方

スポンサーリンク

-日常の知恵, 食べ物
-

関連記事

キッチンの除菌、まな板・布巾・スポンジにはコレ!効果的なタイミングは?

梅雨時期になると気になるのが「菌」。 口にするものを作るキッチンは一番気を配る場所でありそれ故に対処が難しい場所でもあります。 スポンサーリンク 菌を防ぐには、そもそも菌がつかないようにすれば良いとい …

christmas-stollen

シュトーレンの食べ方、保存方法とアレンジ方法。

日本でもクリスマスの焼き菓子として目にするようになってきたシュトレン。 シュトレンの正しい食べ方、知っていますか? もしかしたら今の食べ方だとおいしさを逃してしまっているかも!? 今回はシュトレンの食 …

こぼしてしまったマニキュア

除光液の使い方・使い道、便利な利用法と捨て方。

除光液が余ってるけどマニキュアもしなくなったしもういらないから捨てよう。 って、考えていませんか?ちょっと待って! 除光液と言えばマニキュアを落とす時に使うのが一般的な使い方ですが、実は他にも使い道は …

半分にカットした紫色のいちじくとドライイチジク

いちじくの食べ方と保存方法。

いちじくは夏が旬のものと秋が旬のものがあります。 なのでいちじくは6月~10月頃まで長くたのしめます。 カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンなどがバランスよく含まれており、不老長寿の果物と言われるほど …

作りたてのふわふわかき氷

かき氷機、家庭用なら電動?手動?選び方と注意点。

スポンサーリンク 自家製のかき氷は作る楽しみが大きくエンターテイメント性があって また好きな時に好きなだけかき氷が食べられるので 1台あると夏の暑さを凌げる涼やかなアイテムですね。 暑さを乗り切る為に …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク