毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り 夏の行事

高円寺阿波踊り、阿波踊りをじっくり堪能する方法と阿波踊り以外でも楽しめること

投稿日:2017/08/20 更新日:

バルーンアートをするパフォーマー
高円寺阿波踊りでは、じっくりと舞台上の阿波踊りを見て楽しめるようにもなっています。

また阿波踊りが始まるまでの時間も退屈せず楽しめるようなイベントが行われています。

スポンサーリンク

高円寺阿波踊り、じっくりと阿波踊りを見たいなら

高円寺阿波踊りでゆっくり、じっくりと阿波踊りを楽しみたいなら座・高円寺で行われる舞台上の阿波踊りがおすすめです。踊り子は舞台の上で阿波踊りを踊るので観客は人混みをいにせずじっくりと阿波踊りを堪能出来ます。

2017 座・高円寺阿波おどりでは、阿波踊りの両日とも第一部は11時から、第二部は13時半からチケット販売が開始されます。
チケットの料金は1枚1,000円です。両日では出場連が違うのでお目当ての連があるなら事前に確認してから購入しましょう。

ちなみに2017年の各回の出場連は以下の通りです。

8月26日(土)
【第一部】 和樂連 高円寺誠連 若駒連 舞蝶連 ひさご連 東洲斎 菊水連

【第二部】 美踊連 華純連 胡蝶蓮 写楽連 東京天水連 高円寺阿波おどり連協会合同連

8月27日(日)
【第一部】 写楽連 花道連 美踊連 東京天水連 江戸浮・のびゆく合同連 花菱連 しのぶ連

【第二部】 東洲斎 粋輦 菊水連 若駒連 舞蝶連 高円寺阿波おどり連協会合同連

チケットは前売りはなく当日販売しかありませんから、お気に入りや気になる連の踊りを舞台上でじっくり見たい人は特にお見逃しなく!
購入できる枚数は一人につき一枚なので、一人だけで複数枚分のチケットを購入することは出来ませんのでご注意ください。

また席は自由席だけで完全入れ替え制となっていますから希望の席がある場合は早めに、チケット販売が開始したらすぐにチケットを買って席を確保すると良いでしょう。

座・高円寺は高円寺駅北口から右に徒歩3分ほどで着けるところにあります。

高円寺ではお馴染みの大道芸を楽しむ

高円寺阿波踊りの阿波踊りが始まるまでの時間、昼間は北口のあづま通り商店街で大道芸が行われています。

高円寺では定期的に大道芸が行われていますが阿波踊りの時も漏れなく開催されています。演目は、バルーンアートやパントマイム、音楽演奏、紙芝居、ハーモニカ演奏、あやつり人形などこれぞまさに大道芸!というものです。


2013年の様子:画像元

出店の代わりに商店街のレストランや飲食店、コンビニなどでは店頭でアルコールや軽食のテイクアウト販売をしていますから、それを片手につまみつつ大道芸を見て歩くのも良いですね。

高円寺あづま通り商店街

また南口の氷川神社では小規模ながら縁日もやっていますから祭りの王道、屋台も楽しみたい人は氷川神社に行ってみてください。

高円寺氷川神社

高円寺阿波踊りではお神輿が見られる?!

また同じくあづま通り商店街では「高円寺あづま通り女みこし」が正午前から担がれます。
名前の通りお神輿を担ぐのは女性だけです。
11時半頃に出発式が行われ16時頃までお神輿を担いで高円寺の街中を練り歩きます。

途中、13時頃にはJR高円寺駅の駅構内をお神輿が通過します。お神輿がJRの駅構内を通過するというのは国内でも珍しいことで、この珍しい光景を写真に収めようとたくさんの人が駅でお神輿を待ち構えています。

お神輿の通過とぜひ一緒に掛け声を掛けてあげましょう。担ぎ手も観客も一緒になって盛り上がった方が絶対に楽しめます。

この貴重な駅構内をお神輿が通る光景、JR駅構内でお神輿は立ち止まることが出来ない為通っている時間は大体わずか5分程度です。その瞬間をお見逃しなく!


画像元

この後14時頃には高円寺駅前の南口広場で女神輿を含めた付近の町会の男神輿と入り乱れながらのお神輿担ぎが見られます。
お祭りと言えばお神輿!男も女も関係なくお祭りの熱気を感じて盛り上がれます。

このように阿波踊りが始まるまでも色々と楽しめるようになっています。徐々に熱を帯びていく高円寺の街の雰囲気を感じ取ってみてはいかがでしょうか♪

スポンサーリンク

高円寺阿波踊りでは阿波踊り以外も楽しめる? まとめ

高円寺阿波踊りでは、阿波踊りがはじまる17時まで各商店街のお神輿が高円寺の街中を練り歩きます。
威勢の良い掛け声やお神輿、また阿波踊りの準備をしている人たちのハッピ姿をちらほら見かけるので段々と阿波踊り本番への熱気を自身で感じられます。

日本国内では珍しいJR駅構内をお神輿が通る場面はイチオシの撮影スポットです。しかし押し合いへし合い、怪我には充分気をつけてください。

昼間はお神輿、夜は阿波踊りのワクワクする雰囲気と高円寺の街を是非楽しんでくださいね。

 

 

関連記事→ 高円寺阿波踊り、浴衣や子供連れでも問題ない?飛び入り参加は可能?
→ 高円寺阿波踊りで席を確保する方法と雨に濡れない場所
→ 高円寺阿波踊り、駅の混雑状況と回避策、交通規制の範囲
→ 高円寺阿波踊りの屋台の状況と夜遅くまで開いているおすすめのお店3選

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, 夏の行事
-

関連記事

よみうりランドゴンドラスカイシャトル

よみうりランドのイルミネーション チケットの買い方、料金とアクセス方法

東京の夜景とイルミネーションを一緒に楽しめるよみうりランドのイルミネーション「ジュエルミネーション」。 イルミネーションを見たい場合のチケットの料金は? よみうりランドって遊園地だったと思うけど、その …

母の日に義母に初めて贈る物は?定番のお花、お花以外だと何が良い?

5月13日(日)は母の日ですね。 結婚して初めて迎える母の日、義母にプレゼントする物を決めかねていませんか? 実母なら好みがわかっていたり欲しい物も直接聞きやすいですが義母となるとそうはいかないことも …

斜めから見た鏡餅

鏡開きはいつ?意味や由来は?鏡開きのやり方と食べ方。

お正月に飾った鏡餅を食べる日、「鏡開き」。 鏡開きは1月11日が一般的に知られていますが、実は違う日もあるってご存知ですか? そもそも鏡開きの意味って何なのでしょう? 今回はそんな、鏡開きの由来や鏡開 …

新盆、近所や知人への訪問はいつ行くのが良い?服装は?香典の相場とお供え物の有無

スポンサーリンク 葬儀には参列したけれど新盆の法要の知らせ等をもらった訳ではない、 でも親しい間柄の人の新盆だから新盆参りに行きたい。 葬儀など法要には参列していないけれど ご近所で新盆を迎える方がい …

青空の下風に泳ぐ鯉のぼり

鯉のぼりはいつからいつまで出す?夜はしまう?

5月5日はこどもの日。 こどもの日の象徴的なもののひとつと言えば、こいのぼり。 4月に入るとちらほらと風に泳ぐ鯉を見かけるようになりますが、鯉のぼりはいつから飾るものなのでしょう? しまうのはいつ? …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク