毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 秋の行事

十三夜の意味とお供え物、十五夜と十三夜の縁起の話

投稿日:2017/06/26 更新日:

2018年の十三夜は10月21日です。

十三夜は十五夜に次いで月がきれいな日とされ宮中では十三夜にも月を愛でる宴が催されていました。

十五夜に比べて十三夜は知らないという人もいますがしかし今でも変わらず、十五夜、十三夜ともに観月をする人もまた多くいます。

そんな十三夜とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

十三夜の意味とは?

日本では、古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習があります。

お月見というと旧暦8月15日の十五夜が最も有名ですが、中秋の名月はもとは中国で行われていた行事が日本に伝来したものです。

一方、十三夜は宇多天皇、醍醐天皇の頃に観月として開催されたもので日本独特の風習です。

十三夜は旧暦9月13日のことを指し中秋の名月(旧暦8月15日)より1ヶ月ほど後になります。
それ故に十五夜を「前の月」、十三夜を「後(のち)の月」と呼びます。

2017年の十五夜・中秋の名月は10月4日で十三夜は11月1日です。

この時期には丁度収穫期を迎える大豆・枝豆や栗などを供えることから十三夜の月は「豆名月(まめめいげつ)」、「栗名月(くりめいげつ)」とも呼ばれています。

十五夜は新月から数えて15日目の夜なのと同様に十三夜は新月から数えて13日目の夜という意味もあります。

満月は大体新月から15日目なので当然十三夜の月は満月ではなく少し欠けています。

また十五夜はあまりすっきりしない夜空である事が多いのに対し十三夜の夜は比較的晴れる事が多く「十三夜に曇り無し」という言葉もあります。

 

十五夜と十三夜の縁起の話

十三夜は十五夜(中秋の名月)とセットになっていて「芋名月」に対し「栗名月」「豆名月」、また十五夜の後なので「後の月」と言います。

十五夜に月見をしたら必ず十三夜にも月見をするものとされていてどちらも同じ場所で月見をした方が良くどちらかしか見ないのは「片月見」「片見月」で縁起が悪いと言われています。

片方しか月見をしなかったから何か良くないことが本当に起こるのかと言うと、
勿論そうではありません。あくまでも信仰のひとつですね。

この慣習は遊郭、吉原の客寄せの一環として生まれたという説があります。
江戸時代の遊里では十五夜と十三夜の両方を祝い、どちらか片方の月見しかしない客は片月見で縁起が悪いと遊女らに嫌われました。

8月15日に来た客を9月13日にも来させるために江戸の遊女が考えたという訳ですね。なんとも商売上手ですね。

宮中での催し物でもあったので他にも理由はありそうですが、いずれにせよ十五夜と十三夜は一対のものであった、ということです。

スポンサーリンク

十三夜のお供え物は?

十三夜のお月見のお供え物には「豆名月」「栗名月」と言われるくらいですから豆や栗を供えます。

豆は枝豆と言われますが、しかしこの時期になるともう枝豆はないところも多いです。絶対に用意しなければいけないということでもないので代わりの豆であったり栗を用意すると良いですね。

他にも、十五夜と同様に収穫祭の意味合いもあるので月見団子やすすき、その時期の野菜や果物、草花をお供えします。
勿論、十三夜にも里芋を供えても問題ありません。

団子の数に関しては諸説ありますが十五夜と同じく、満月の数だから12個か13個、或いは十三夜なので13個となっています。

13個の並べ方は下から9個、4個と並べます。
12個なら下から9個、3個となります。

秋の収穫に感謝をし、月を拝み、眺めながら
私たちもお供え物をいただきましょう。

 

十三夜の意味とお供え物、十五夜と十三夜の関係 まとめ

十五夜と十三夜。
どちらも秋の収穫に感謝をし、また月を愛でる日として今でもその風習が受け継がれているものです。

しっとりとしたもの静かな中ひとり月見酒をたのしむのも、また家族で語らいながら秋の味覚を味わうのも素敵ですね。

あなたはどんな十三夜を過ごしますか?

 

 

【これも合わせて読みたい】
→ 十五夜と中秋の名月の関係、十五夜は満月とは限らない?月見をする理由は?

→ 十五夜のお供え物の意味。お団子?ススキ?萩?

→ 白玉粉、上新粉、 団子粉の違いは?特徴と選び方。

スポンサーリンク

-日常の知恵, 秋の行事
-

関連記事

木樽で漬けたきゅうりと大根の糠漬け

糠床、糠漬けに適した容器は?

糠漬け作りに使う容器には手軽なタッパーなどのプラスチック容器から本格的な木桶まで様々なものがあります。 しかし糠漬け作りに一番適している容器って、どれなのでしょうか? スポンサーリンク

六義園ライトアップ

六義園の紅葉、ライトアップの混雑回避方法と一番近い駅

秋といえば紅葉めぐり! 東京の六義園の紅葉も有名で、ライトアップはとても幻想的な雰囲気で人気の紅葉スポットです。 今回は六義園の紅葉時期の混雑の回避方法と六義園の門から近い駅のご紹介です♪ スポンサー …

葉っぱの付いた黄柚子

柚子の使い道と柚子の簡単レシピ

爽やかな香りと苦味を持つ柚子。 柚子には2種類あって、9~10月が旬の青柚子、11月~1月が旬の黄柚子があります。 家庭でも柚子の木があってご近所さんから沢山おすそ分けを貰うこともあるかもしれませんね …

整ったベッド

梅雨時期の布団の干し方、湿気対策アイテムはコレ!

毎日じめじめじとじと… 梅雨の束の間の晴れ、となると布団を干したくなりますよね。 でも、ちょっと待って。 晴れているけど、その布団干しは本当に効果的でしょうか? スポンサーリンク

フォーマルは服装で七五三詣りをする男の子と女の子

七五三、こどもと親の衣装の選び方

七五三のお参りはどんな格好が良いのでしょうか。 やっぱり正装は和服? 祈祷を受けるけど洋服は良くない? 着物を着せたいんだけど買うお金が… 今回はそんな七五三の衣装に関するお話です。 スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サイトの管理人はこんな人。


亀
はじめまして coco です^^
富山県出身、現在は社会人をしながら東京で夫婦2人暮らしをしている30代。

毎日の生活の中で気になったこと、興味のあるイベント行事などについて実体験を混じえながらご紹介していきます*