毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

冬の行事 年末年始 日常の知恵

年賀状はいつからいつまでに出す?いつまで出せる?

投稿日:2017/11/20 更新日:

ポスト 年賀状投函

11月になると年賀状の販売がスタートして「年賀状の準備しないと!」とハッとする人も多いと思います。
かく言う私もまだ1ヶ月以上もあるし~なんて思っているとあっという間に年末になって焦ることも多いのですが^^;

年始めですから、年賀状はきちんと元日に届けて気持ちよく挨拶がしたいですよね。

1月1日に相手にちゃんと届くには、年賀状はいつからいつまでに出すと良いのでしょう?
それよりも早く出してしまったら?
あるいはそれよりも遅い、ギリギリに出したら?

そんな年賀状の期限についてご紹介します♪

スポンサーリンク

年賀状はいつから出す?出せる?

ある時期になると郵便ポストが年賀状用と普通の郵便用に分かれますよね。
年賀状の投函開始は例年12月15日~12月25日までです。

この期間に出せば1月1日にちゃんと届きますよ、というものですね。

でももし、うっかり12月15日より前に出してしまった、間違えて普通郵便用のポストに入れてしまった場合はどうなってしまうのでしょう!?

 

早年賀状を早く出してしまった、間違えて投函してしまったら!?

もしも年賀状を12月15日よりも早く出してしまった場合、「年賀状」を使用していれば基本的に誤って配達されることはありません。
既成の年賀状か、手作りの年賀状でも表書きに赤色で「年賀」と書いてあればそれは年賀状とみなされるので、郵便局で仕分けの際に年賀状として扱ってもらえます。

同様に、間違って普通郵便用のポストに年賀状を投函してしまっても、「年賀」と書かれたものであるならそれは年賀状として仕分けされるので間違って年内に配達されるということはありません。

これがもしも普通の絵葉書などだったなら、残念ですがそれは普通郵便として仕分けされるので3日後くらいには相手に届いてしまいます。
年賀状を手作りする場合は表書きに「年賀」の文字を入れ忘れないように気をつけましょうね。

年賀状の投函期間が設けられているとは言え毎年早くに出す人がいるので、その時期になると郵便局の方でも周知はされるでしょうが、とは言え期間内にポストに入れた方が安心ではあります。

期間前だと年賀状の引受前なので仕分けの時に気付かれない可能性がないとも言い切れません。年内に配達されてしまうことも無きにしもあらずなので、出来るだけ12月15日~12月25日の間に出すようにしましょう。

スポンサーリンク

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?

では反対に、受付の12月25日を過ぎてから出した年賀状は全部1月2日以降に届いてしまうのでしょうか?

実は、必ずしもそうではないんです。

地域差はありますが、「宛先が同じ市内なら」12月30日の午前中、早めの時間に郵便局の仕分けの中に入っていれ1月1日の元旦に配達してもらえます。

ここでポイントとなるのは郵便局の「本局」に持ち込むということです。
近所の小さな郵便局ではなくて、24時間受け付けが開いている大きな郵便局です。
ここに直接持ち込めばギリギリで1月1日に配達してもらえます。
ポスト投函だと回収、仕分けが間に合わないかもしれません。

郵便局の方では12月30日の午後に地域ごとの分類を済ませて、12月31日には配達をスムーズにするために各拠点へ運ばれます。

なので、宛先が同じ市内なら、1月1日の元旦に年賀状が届くボーダーラインは12月30日の早い時間に郵便局の本局に持ち込むことです。
郵便ポストに投函するなら、12月29日の午前中が元旦に届くボーダーラインです。

市が違う、つまり郵便局の本局も違う宛先の相手の場合は、届けたい場所を管轄している本局へ
12月30日の早い時間までに持ち込めば元旦に届けてもらえます。
ただこれはまだ近いところじゃないと出来ないことですね。
流石に東京から大阪宛で本局に持ち込むのは無理な話ですからね^^;

ちなみに県外宛だと、経験では29日の午前中にポストに入れれば元旦に相手に届いていました。
毎回そうか、確実ではないですが、他県宛は遅くても29日までには投函したほうが安心ですよ。

また同じ市内宛でも、30日の9時に受け付けてもらったから確実に元旦に届く!という保証もありません。
年末年始は年賀状対策で郵便局では仕分けのアルバイトを雇って年賀状の仕分けをしていますよね。当然、慣れていない人が多いので間違いが起こらないとも言えません。

正直そこはわたしたちではどうすることも出来ないことではありますが、そういう心配を減らす為にも年賀状は出来る限り、受付期間の12月15日~12月25日までに出すようにしたいですね。

 

 

年賀状はいつからいつまでに出すと元旦に届く? まとめ

年賀状は12月15日~12月25日までが郵便局での受付期間です。

本局に持ち込めばギリギリ12月30日でも元旦の配達に間に合わせることが出来る可能性が高いです。
県外宛なら29日までには出したいところですね。

年の瀬は何かとバタバタしがちです。
年賀状の準備は気持ちちょっと、早めにするようにしましょう♪

 

 

 

▼こちらもチェック▼
→ クリスマスカードのメッセージ、英語の例文とカードの中紙の使い方
→ よみうりランドのイルミネーション チケットの買い方、料金とアクセス方法

スポンサーリンク

-冬の行事, 年末年始, 日常の知恵
-, , ,

関連記事

クリスマスリース

クリスマスリース手作りの作り方、材料や簡単な方法まで。

今年はクリスマスリースを手作りしたい! スポンサーリンク 本格的な生の植物を使ったものから簡単で意外なものを使った作り方も!? いろんな材料でのクリスマスリースの作り方をご紹介します♪ スポンサーリン …

半分にカットしたプラム

プラムの食べ方。皮ごと食べる?食べごろはいつ?

プラム、和名ですももは6月中旬から9月にかけて旬を迎える果物です。 でも買ってみたは良いけど食べ方がわからない、ってこと、ありますよね。皮は食べれるの?この白い粉は何?カビ!? 今回はプラムのおいしい …

炭火で焼いているお団子

白玉粉、上新粉、 団子粉の違いは?特徴と選び方。

日本の行事ではよく登場する「団子」。 ぜんざい、三色団子、柏餅、月見団子…色々ありますが たまには自分で作ったもので季節を感じるのも良いですよね。 でもいざお団子の材料を買いに行くと 粉にも幾つか種類 …

栗のゆで方、圧力鍋、炊飯器、電子レンジ、蒸し器を使った方法。

栗の皮は、お鍋以外にも色んな道具を使って調理して剥く方法があります。 今回は圧力鍋、炊飯器、電子レンジ、蒸し器を使った方法を紹介します。 スポンサーリンク

土鍋で炊いたご飯のおこげ

土鍋の焦げの落とし方。お湯、お酢、重曹を使った方法。

こすってもこすっても落ちない土鍋のその焦げ! もしかしたらこの方法なら落ちるかも!? スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク