毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り 春の行事

母の日に義母に初めて贈る物は?定番のお花、お花以外だと何が良い?

投稿日:2017/04/09 更新日:

5月14日(日)は母の日ですね。

結婚して初めて迎える母の日、
義母にプレゼントする物を決めかねていませんか?

実母なら好みがわかっていたり欲しい物も直接聞きやすいですが
義母となるとそうはいかないことも。

せっかくのプレゼント、気に入ってもらいたいですよね。
母の日はこれから先年々も続いて行くものですから
まず初めに何を贈るかが、結構重要だったりもします。

今回だけでなく、これからの先を見越した
プレゼント選びのポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

母の日に義母に初めてプレゼントする物は何が良いの?

母の日の贈り物といえばカーネーションが王道ですね。
でもそれじゃぁ返ってありきたりすぎるんじゃ…?
それよりも実用的な物の方が良いのでは?
でも既に持っているかもしれないし気に入ってもらえなかったら…

いつまで経っても決まらず
もういっそのこと何も贈らないでしまおうか、
と考えがよぎってしまったかもしれませんが
それは良くありません。

あなたがこれから続く結婚生活を良好なものにしたいと思うのなら、
母の日の義母へのプレゼントは必須です。

そんなに難しく考える必要はありません。
母の日は、感謝の気持ちを示す日です。
その気持ちをちょっと物に変えて
目に見える形にしてお母さんに贈る日です。
誰でも、些細な物でもプレゼントは嬉しいものです。

結婚してまだ1年も経たない
まだそこまで義母との関わりはないとしても、
夫を産んでくれた母に対しての母の日のプレゼント、
という普通に沸く感謝の気持ちを贈れば良いんです。

ただ、初めての義母への母の日のプレゼントだからと
奮発したり見栄を張ったことをしてしまうと
今後もずっとそれが恒例になってしまうので気を付けましょう。

新婚の今はまだ良いですが、
今後家族が増えると色々とやりくりが必要になっていきますし
母の日はこれからもずっと続くことですから
先のことも考えてプレゼントを選ぶ必要があります。

最初は何気なく始めても、
一旦始めるとやめることはなかなか難しいです。
それに、質素な物が豪華になるのとその逆とでは
印象が全然違いますからね。

ではそれらを踏まえて
母の日に義母への初めてのプレゼントを選ぶ際の
ポイントを見ていきましょう。

母の日に義母に花をあげるのは?

母の日と言えばカーネーションが主流ですね。
店頭でもネットでも母の日のカーネーションコーナーが設けられますので
そこから選ぶのが間違いないです。

鉢植えもありますが毎年のことなので
鉢植えより切花、花束が良いでしょう。

ですが、正直どこも似たり寄ったりで何だかいまいち…と感じるなら
センスの良いお気に入りのお花屋さんで、
希望を伝えて花束を作ってもらいましょう。
予算は3,000円くらいで充分です。
その際には感謝の気持ちを書いたメッセージカードも添えて。

ネット注文でもメッセージカードはつけてもらえますが、
手書きではなく印字になってしまいます。
「ありがとう」の一言だけだったとしても
パソコンの文字より手書きで書いてあった方が
ぐっとあたたかみが感じられますよね。

花束なら、万が一、気に入らなくても消耗しますので安心です。

初めは無難に花にしておくと、今後選びやすくなるでしょう。

何年も経って義母の好みも分かるようになってきたら、
例えば甘いものが好きならお花+スイーツと言ったセットにして
時々アレンジを効かせてみるのも良いかもしれません。

欲しい物がわかる時はそれをプレゼントしたら良いですし、
でも翌年は何が欲しいかわからないというのなら
また花をプレゼントすれば良いのです。

初めを花にして基本を作ってしまえば、
その後のプレゼントがぐっと選びやすくなります。


母の日に義母に花以外の物をあげるとしたら何が良い?

花を贈られて嬉しくない女性はあまりいないと思いますが、
でも必ずしもそうとは限りませんよね。
「花は枯れるから嫌だ」と思う人もいるでしょうし、
高齢になってくると手入れが面倒と感じる人もいます。

プリザーブドフラワーは手入れの必要はありませんが、
気に入らなかった時に困るので
まだ義母の好みが分からない初めの段階では避けるのが無難です。

花以外のプレゼントをざっと浮かべてみると、
・財布、カバン
・日傘、帽子、ストール
・靴下やハンカチ、タオル
・カーディガン、ブラウス
・ルームウェア、パジャマ

などが挙げられます。

義母の好みを夫に聞いて選べると良いのですが、
実際には好みを把握していないことも多いです。

結婚して初めての母の日、ということは
まだ1年もお付き合いをしていない状態ということです。
頻繁に顔を合わせたり連絡を取り合っていないと
義母の好みを把握するのは難しいと思います。

スポンサーリンク

残る物をプレゼントした方が喜ばれるかもしれませんが、
好みでもないものを贈られて無駄に物を増やすのは
自分だったら嫌ですよね。かと言って
気持ちのこもったプレゼントはなかなか捨てにくい。

お互いに「使ってくれない」とか「好みじゃない」とか
人にあげたのが分かってしまった等など気を使うことになるので
やはり無くなってしまう物の方が初めは良いでしょう。

花以外で無難なのはやはり食べ物です。

家の近くではなかなか買えないご当地グルメだったり
ホテルが出している料理のセットだったり。

新茶の時期ですので、お茶とお菓子のセットも良いでしょう。
ここのスイーツが美味しくてお気に入りなのでぜひ、
とあなたの好みの物にしてみても。
もしも義母の好みでなくても、
来客のお茶請けとして使ってもらうことも出来ます。

なかなか自主的には行けないお店のお食事券も良いでしょう。
近くに住んでいるのなら、一緒に食事をすると尚良いですね。

マンゴーやさくらんぼ等の
ちょっと高級なフルーツなんかも良いですね。
自分ではあまり買う機会のない、
なかなか食べられない物は喜ばれます。

ただフルーツは傷みが早いものもありますので、
大きかったりあまり量のあるものは
食べきれない心配があるのでおすすめしません。
直接持参して一緒に食べて楽しむのであれば問題ないでしょう。

また、生鮮品で天然魚などを贈るのは、
捌き慣れていれば良いですがそうでないと
処理の仕方に困ってしまいますので
消え物とは言え迷惑にる可能性がありますからやめましょう。
某寿司屋のように自ら解体ショーをして
一緒に楽しむのであれば盛り上がって良さそうです。

食べ物以外では、日常的に使う石鹸や洗剤だったり
ハンドクリームなんかも年中使えるので
こだわりがなさそうであれば喜ばれるでしょう。

オリジナル1点もの、というのもあります。
ワインが好きならボトルに名前やメッセージを入れてもらうとか、
名入れの革小物をオーダーするとか。
似顔絵やペットの絵を描いてもらう、というのも出来ますが
初めての母の日にはハードルが高いので、
贈るのであればもっと慣れて来てからが良いでしょう。

商品券を贈るのが一番実用的で良いのかもしれませんが、
初めからそれではあまりにも味気ないですよね。

何を贈っても「いらない」「使わない」「気に入らない」と言う
ちょっとクセのある方なら仕方がないですが、そうでないのなら
やはり気持ちが伝わりやすいものにしたいですよね。

たとえ好みとは違う物だったとしても、
自分のことを考えてくれたプレゼントは嬉しいものですからね。

まとめ

あれこれ考えて贈り物をするのが好きであれば良いですが、
これから続く長い付き合いを考えて
初めのうちにコレと決めてしまうのも一つの手です。

毎年違う物は楽しみがあるかもしれませんが
「今年もあれが貰える」と喜んでもらえる
定番品に固定するのが一番気楽です。

人との付き合いでは、
上手くいかないことや後悔することも当然あります。
誰でも「失敗したなー」って思うこと、ありますよね。
でも、これを教訓にして同じ事を繰り返さなければ
それで良いのではないでしょうか。

プレゼントは人の心を豊かに、暖かくしてくれます。

普段ではなかなか伝えることが出来ないことを
堂々と出来るのが「母の日」です。

折角のこの機会をぜひ、
今後の良好な関係作りに活かしていきましょう。

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, 春の行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お彼岸の墓参り、日にちはいつが良い?彼岸中に行けない場合は?お供えを送るなら?

スポンサーリンク  お彼岸は「彼方の岸」と書かれていることからも解るように 「あちらの岸」即ち 「あの世」のことを表しています。 あの世とは仏様が住んでいる世界のこと。 そして彼岸はあの世と更新できる …

バルーンアートをするパフォーマー

高円寺阿波踊り、阿波踊りをじっくり堪能する方法と阿波踊り以外でも楽しめること

高円寺阿波踊りでは、じっくりと舞台上の阿波踊りを見て楽しめるようにもなっています。 スポンサーリンク また阿波踊りが始まるまでの時間も退屈せず楽しめるようなイベントが行われています。 スポンサーリンク …

朝日の見える登山をする男女

はじめての登山、登山靴・トレッキングシューズの選び方とポイント

数年前に「山ガール」という言葉が流行ったように、トレッキング即ち山歩きが近年人気です。 高尾山のような軽度のものから富士山登頂など本格的な山登りまで、山はさまざまですが、山登りに必要なものと言えばなん …

パネトーネ

パネトーネとは?パネトーネの食べ方と保存方法、保存期間

最近日本でもクリスマスの時期によく見かけるパネトーネ。 でもパネトーネって、どういうもの? 今回はパネトーネの特徴やその名前の由来から、食べ方や保存方法をご紹介します。 きっとパネトーネを買いに行きた …

お彼岸に入籍、お彼岸の結婚式は非常識?縁起が悪い?

お彼岸はあの世と近くなる日で死のイメージが強く 入籍や結婚式などお祝い事は避けるべきと考える人がいます。 スポンサーリンク 日本にはなにかと言うと縁起を担ぐ習慣がありますが 実際に縁起が悪いのでしょう …

スポンサーリンク

スポンサーリンク