毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵

衣替えの洋服のにおいを解消する方法と対策

投稿日:2017/09/10 更新日:

クローゼットにかかったシャツ衣類

衣替えをして服を取り出してみたら、なんか臭い!ってこと、ありませんか?
ちゃんと洗濯してしまったはずなのに何か臭い、防虫剤のニオイが染み付いてしまってる!などなど…

そんな衣服のニオイの困った!を解決する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

洋服についた衣替えのにおいを取る方法

ちょっとくらいのニオイなら天日干しをすればニオイが取れることもありますが、それでも取れない頑固なものは、アイロンを使いましょう。

アイロンのスチーム機能を使って蒸気をたっぷりと当てます。当てるときは、衣類に直接置かずに2、3cm離して浮かして当てましょう。蒸気の熱でニオイを抜くことが出来ます。当て終わったら陰干しをしましょう。

蒸気を当てるとシワも取ることができるので、長期間の保存で付いてしまったシワ取りにもおすすめですよ。(詳しくはこちらから)

ドライヤーを使う方法もあります。
用意するものは二つ穴の開いた袋とドライヤーです。

穴の開いた袋に衣類を入れ、ドライヤーで片方の穴から温風を送り込みましょう。そうすることでもう片方の穴から温風とニオイが抜けていきます。
ドライヤーが衣類に近すぎると傷む原因になるので気を付けてくださいね。

アイロンよりもドライヤーの方が手軽ですから、まずはドライヤーで試してみても良いかもしれません。

それでもダメならファブリーズです。
ファブリーズを吹きかけて1日陰干しをしましょう。

他にも衣類用消臭スプレーはいくつかありますが、経験上ファブリーズが一番ニオイが消えます。
タバコ臭い飲み会に参加した日でも一晩ファブリーズを吹きかけて外に出しておけば大体嫌なニオイは消えています。簡単には洗って干せない冬の厚手のコートなんかにはかなり便利ですから使ったことがないという人にはかなりおすすめです。

多少お金はかかりますがクリーニングに出す方法もあります。
クリーニングに出す場合の注意点は、普通のドライクリーニングではにおいは落ちないということです。

クリーニングでニオイを取りたいなら通常のドライクリーニングに加え水洗いもしてくれるものを選びましょう。

スポンサーリンク

嫌なニオイの原因と予防法

衣類のニオイの主な原因は「雑菌の繁殖」です。

きれいに見えても衣類についた細菌はなかなかきれいには落ちていないこともあります。

普通の洗剤には殺菌作用がないので、色柄物にも使える漂白剤か柔軟材を使うと良いでしょう。普段は使っていなくても衣替えをする時、長期間衣類をしまう時だけでも使うことをおすすめします。

 

洗濯に粉石けんを使っている場合は、過炭酸ソーダなどの酸素系漂白剤を併せて使うのがおすすめです。衣類の除菌、漂白、消臭に効果が期待できます。
実は石けんは合成洗剤に比べて雑菌が繁殖しやすいんです。

過炭酸ソーダは使用後は炭酸ソーダになるのですがこれは完全に無害な物質なので安心です。

 

雑菌のほかにもニオイの原因があって、それは「皮脂汚れ」です。

洗濯した時はきれいになっているように見えても汗や皮脂が落ちていないことがあります。洗剤の残りカスが残ってしまっているということも。
それが時間が経つにつれ変色して黄ばみや臭いの原因になるという訳です。

皮脂を取るには洗濯時にお湯を使うことが効果的です。

皮脂は、脂ですよね。脂は冷たい水ではなくお湯で溶けます。
皮脂の溶け出す温度は34度からなので、頑固な汚れと考えると40度あれば安心です。洗濯時に使うお湯の温度のおすすめは40度~60度です。

それ以上、なんなら100度とかの方が温度も高いし汚れも落ちるのでは?と思うかもしれませんが、高すぎると逆に洗剤の効果が薄れたり衣類を傷めてしまします。
最高でも60度に留めておくと良いでしょう。

日本の洗濯機はお湯が出ませんので、沸かしたお湯を足したりお風呂の残り湯を使うなどして工夫しましょう。

海外ではお湯の出る洗濯機があるのですが、日本にはありません。
専門の方に聞いたところ、洗濯機からお湯が出たら洗剤がいらなくなってしまうからわざとお湯が出ないように作っているそうです。実は洗剤会社の陰謀だった!?

またお風呂の残り湯を使うと洗濯物が余計に汚れるのでは?と思う人もいると思いますが、すすぎに使わなければ臭うことは殆どありません。残り湯は洗いの時のみに利用しましょう。

 

防虫剤を変えてみる

防虫剤として、昔ながらの樟脳を使っていませんか?
我が家ではお雛様の保管に樟脳を入れているので樟脳のにおいがするとお雛様だ
!なんて思うのですが、この樟脳のにおいって、かなり特徴があってしかもなかなか取れませんよね。

なので、樟脳ではなく天然の力を利用した防虫剤がおすすめです。

こちらは天然木の持つ消臭効果を利用した防虫剤です。

 

自分の好きなアロマオイルを染みこませて使うことも出来ます。

とってもおしゃれですよね。
新築や結婚の贈り物としてもおすすめでわたしも良く利用しています♪

 

まとめ

ニオイ予防に脱臭剤を入れることも効果的ですが、もしかしたらニオイの原因として湿気がこもってかび臭くなっているという可能性もあります。

その予防としては、脱臭剤よりも乾燥剤を入れたほうが効果があります。

どっちかわからない!ならダブル使いをしても良いですね。

今ついてしまっている衣類のニオイはアイロンのスチーム機能やドライヤーで解消して、今後の対策として使う洗剤を工夫したりお湯を使ったりして、次の衣替えが快適になるように対策していきましょう☆

 

 

関連記事→ 衣替えでできた服のしわを取る方法

スポンサーリンク

-日常の知恵
-, ,

関連記事

熟したあんず

あんずの食べ方と保存方法。加工はジャムが簡単おすすめ!

あんずの旬は6月下旬~7月中旬。 この時期だけのものなのでぜひとも味わっておきたいもの。 でもあんずって、どうやって食べれば良いのでしょう? そのまま食べられるの?皮はどうするの? 一度に食べきれなく …

糠床、捨て漬けと足し糠

糠床の混ぜ方とポイント。糠床は素手でかき混ぜて良い?手は石鹸で洗う?手に傷がある時は?

スポンサーリンク おいしい糠漬けを作る為には、毎日糠床をかき混ぜる必要があります。 でもただ混ぜれば良いという訳ではなく、いくつかポイントがあるんです。 今回は糠床を混ぜる時の混ぜ方とポイントについて …

雪の中から顔を出したふきのとう

ふきのとうの花は食べられる?ふきのとうの食べ方、下処理と保存方法。

スポンサーリンク 春の訪れを告げる山菜のひとつ、ふきのとう。 春の苦味を存分に味わえる旬の食べ物ですから、この時期にめいっぱい味わっておきたいですよね。 今回はふきのとうの食べ方、下処理の方法や保存方 …

切った里芋

里芋の皮のむき方とゆで方。ぬめりは取るべき?

里芋はぬめりがあるので下処理がちょっと大変な野菜です。 そんな里芋の皮を簡単にむく方法と、むいた後はどう処理したら良いのか、調理方法に沿った処理の仕方をご紹介します♪ スポンサーリンク

テーブルに並んだ美味しそうなイチジクのホールタルト

いちじくの白い液体の正体とは?手や口がかゆくなる、ベタベタする原因は?

6月~10月頃まで、夏から秋にかけてが旬のいちじく。 いちじくは甘くて美味しくて栄養価もあるので好きな人も多いですが、 でもいちじくって、切ると白い汁が出てきて触るとかゆくなることがありますよね。 食 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク