毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

夏の行事

暑中見舞いと残暑見舞い、いつからいつまでに送る?ハガキでも手紙でも良いの ?

投稿日:2017/05/16 更新日:

暑中お見舞い申し上げますーーー

暑い時季に相手の健康を気遣って送るお便り
それが暑中見舞いです。

ネットが普及している今、手書きの便りを書く機会は
めっきり減っているかもしれませんが、
手書きには人柄や温かさが現れて貰うと嬉しいものです。

最近連絡をとっていないあの人に宛てて。
久々に便りを認めてみませんか?

スポンサーリンク

暑中見舞いを送る時期はいつから?

暑中見舞いはいつから送っても良いのか?と言うと、
幾つか説があるのですが正式なものは
夏の土用から立秋の前までと言われています。

つまり、年によって数日のズレはありますが
夏の土用の入り7月20日頃から立秋の前日8月7日頃まで
が、暑中見舞いの期間であると言えます。

そもそも「暑中」とは、二十四節気の
小暑(しょうしょ)と大暑(たいしょ)にあたる期間のことを指します。

小暑は七夕の7月7日頃で暑さが本格的になる頃、
大暑は7月24日頃で一年中で一番暑い頃です。

小暑は梅雨が終わる頃でもあって日に日に暑さが増して来る時季の為
急に暑くなって体調を崩しやすい時です。

この7月7日頃の小暑から暑中見舞いを出しても良い、という説もありますが、
基本的には梅雨が明けてから送るものなので人によっては
「まだ梅雨も明けていないのに…」と思われかねません。

沖縄であれば梅雨明けを迎えている可能性は高いですが
本州在住の相手に送る場合は梅雨明け後に送りましょう。

暑中見舞いは一年で最も暑い時期に送って
相手の安否や健康を気にかけるものなので、
相手が住んでいる場所が一番暑いだろうと思う頃に送れば問題ありません。

自分は北海道に住んでいて、沖縄在住の友人に送る時は
北海道を基準にしてしまっては暑さに相当ズレがありますから
(そもそも北海道には梅雨がないですしね)
そんな場合は天気予報をよく確認して送るようにしましょう。

 

残暑見舞いはいつまでに出せば良い?

何かと忙しく過ごして立秋を過ぎてしまった場合、
それは残暑見舞いになります。

スポンサーリンク

8月8日はまだまだ暑くそれこそ夏本番のように感じますが、
暦の上では秋の始まりですから残暑見舞いとなります。

残暑見舞いは立秋の8月8日頃から
9月8日頃の白露(はくろ)までに送る
のが一般的です。

「9月」と聞くと「秋」をイメージする人も多いかもしれませんが
9月初旬になっても暑さが続いていれば
残暑見舞いとして遅いことはありません。

しかし夏の終わりが早く、まだ8月末でも
多くの人が今年は秋の訪れが早いなと感じるくらいなのに
残暑見舞いを出すのはナンセンスですから、
夏の終わりが早そうな場合は8月中に出すのが良いでしょう。

季節の挨拶ですから、季節に合うように送るのが基本です。



暑中見舞いは手紙とハガキ、どっち?手紙でもいいの?

暑中見舞いと言うと郵便局で
暑中・残暑見舞はがき(かもめ~る)が発売されることもあって
なんとなく手紙ではなくハガキというイメージを持つかもれしませんが、

年賀状のように決められたハガキとも違いますから
手紙でもハガキでもどちらで送っても問題ありません

本来は挨拶状なので文面も短くハガキが適していて一般的ではありますが
友人など親しい人に送る場合はハガキでは収まりきらない場合もあるでしょう。

それにハガキは手紙に比べると簡略化したイメージがあるので
手紙で送られた方が丁寧な印象を受けやすいです。

送る相手への内容によって手紙とハガキを使い分けるのも、
相手を想像して便りを選ぶ楽しみもあって良いかもしれませんね。

 

まとめ

暑中見舞いも残暑見舞いも送る期間が諸説あって迷うかもしれませんが、
暑さの度合いもその年によって微妙に違います。

暑くなったな、と感じたら暑中見舞い
まだまだ暑いな、と感じたら残暑見舞い

と、実際に季節を感じて便りを送るのが
一番合っているのではないでしょうか。

暑くて大変な夏ですが、
親しい人を思い浮かべて過ごす時期と考えると
いつもより楽しく夏を乗り越えられそうですね。

スポンサーリンク

-夏の行事

関連記事

七夕まつりの夜の七夕飾り

七夕の笹飾りはいつからいつまで飾る?竹笹を長持ちさせる方法は?

七夕飾りと言えば、竹笹に願い事を書いた短冊を吊るす飾りが一般的になっていますが、その笹飾りはいつから飾れば良いのでしょう?そして片付けるのはいつ? スポンサーリンク せっかくの七夕飾り、出来るだけきれ …

阿波踊りを踊る女性たち

高円寺阿波踊りで席を確保する方法と雨に濡れない場所

高円寺阿波踊りで、阿波踊りそのものを楽しみたいならやはり見物場所の確保が最低限必須となります。 こういう見物するお祭りには桟敷席()と言って、段になっていてちょっと高いところから座って見られる席が設置 …

緑とオレンジのほおずき

ほおずきの使い方。飾る、遊ぶ、食べる!

8月のお盆が近付くとお花屋さんでも売られ始める「ほおずき」。 鮮やかな色合いとふっくら可愛い形で目を引くほおずきですが ほおずきって、何に使えば良いのでしょう? ただ鑑賞すれば良いのでしょうか? スポ …

お中元を送る時期と相手は?時期を逃してしまったら?お返しのお礼は必要?

スポンサーリンク 7月が近付くとデパートなどで目にする「お中元」の文字。 こんな風にしてお中元の準備をしないと!と気付く人は多いですが、 お中元はいつからいつまで送るのが良いのでしょうか? そしてお中 …

夜の阿波踊り、踊る女性

高円寺阿波踊り、浴衣や子供連れでも問題ない?飛び入り参加は可能?

今回は、高円寺阿波踊りは浴衣でも楽しめるのか、また子供連れでも楽しめるのか、自分も踊りなくなったら踊りに参加出来るのか?についてご紹介します。 他にもこちらでご紹介していますので併せて参考にしてみてく …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク