毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵

結婚後、お中元やお歳暮は両親親戚に送るべき?配送と手渡しだと?

投稿日:2017/05/19 更新日:

結婚を機に両家へのお中元、お歳暮を送るべきか否かと悩む家庭は多いです。

どういう基準で、またどの範囲の親戚まで
付き合いをするべきなのでしょうか。

スポンサーリンク

結婚後、お中元やお歳暮は両親親戚に送るべき?

そもそもお中元、お歳暮はお世話になった人、
日頃からお世話になっている人への感謝の印として贈るものです。

そういう意味で、双方の親に贈っている人が多いです。
これからお世話になります、という意味もあるでしょう。

ですが両親とは言え深い付き合いがない、
深い付き合いをするつもりはない、と言うのなら
無理に送らなくても問題はありません。

またこういうことは地域でも考え方の違いや風習があるので
迷って決められないのならその土地に合わせるのが無難です。

あなたの家系ではこれまで頻繁に贈答のやりとりをしてきていたとしても
相手の家系は贈答には全くの無関心だということも有り得ます。

この温度差を埋めるには、双方で話し合って決めるしかありません。

こちらは送っているのにあちらからは何も送ってこない、失礼だ、
そんな風に思いながら贈るのは本来の趣旨からズレてしまっていますよね。

また逆に、贈りたくないけど贈ってくるから仕方なく送っている、
そんな義務感から送るのは、なんとも無意味なことです。

お中元、お歳暮は普段お世話になっている人への感謝の気持ちを贈るもの

続柄で決めるものではありません。

普段とてもお世話になっているのであれば
遠い親戚であっても贈れば良いですし
全く関わりがないのなら叔父叔母だろうと贈る必要はないです。

育ってきた環境が違うのですから考え方も違って当然です。

義兄姉などにはお盆やお正月の集まりの時には会うけど
お中元やお歳暮を送る程ではないと感じるなら
暑中見舞いや年賀状の挨拶状だけでも充分です。

スポンサーリンク

 

お中元とお歳暮は両方送るもの?

お中元とお歳暮の両方送っている人もいますが、
どちらかと言うと一年を通してお歳暮だけと言う場合が多いです。

お中元だけ送ってお歳暮は送らない、
というのは一般的にかなり少数派なので
実際にしてしまうとマナーを知らないのかな
と思われてしまう可能性もあります。

どちらかだけ贈りたいと考えているならお歳暮を贈りましょう

お中元やお歳暮は、
一度贈ると毎年贈ることになると考えておきましょう。

お互いに話し合って止めたのなら良いですが、
そうではなく最初は送っていたのに途中で止めてしまうと
理由はどうであれ、相手はマイナスの感情を持つことが多いです。

もしも自分が途中でいきなり止められたら、変に思いますよね。

他にも家族間の贈り物として誕生日や母の日、父の日等
その他細かく見ればもっと沢山の贈る機会はあります。

どこまでを行うかはその家の習慣もありますし
それら全てを贈るのは経済的にも多かれ少なかれ負担になります。

どうしても贈りたい、日頃の感謝を伝えたいと考えるなら
それはぜひとも贈るべきでしょうし、
相手から気持ちだけで充分だと言われる場合もあるでしょうから
そんな場合は品物ではなく挨拶状や電話をすると良いでしょう。

 

お中元やお歳暮は手渡しすれば良い

お中元を送らないと、お歳暮を送らないと、と考える前に
直接会いに行く、という方法もあることを思い出してください。

遠方に住んでいて普段はなかなか会えないけれど
お盆やお正月は帰省するという人は多いでしょう。

その場合は、その時に手土産を持って直接気持ちを渡せば良いのです。
会いに行くことがわかっているのにそれとは別にわざわざ
お中元、お歳暮を送る必要はありませんよね。

また比較的近くに住んでいて会いに行ける距離であれば、
この場合も送るのではなく直接会いに伺った方が良いでしょう。

やはり直接顔を見られた方が安心しますし尋ねて来てくれると嬉しいものです。

お盆やお正月は帰省出来るのか、
出来そうにないから気持ちの品物を贈ろうか、と
まずは夫婦で考え方を話し合ってみることをおすすめします。


まとめ

親戚間の贈答などは地域性やその家のやり方が様々あるので
一概にこれが普通だ、当たり前だと言うことは難しいです。

それ故に、考え方の違う人から非難されることも有り得るでしょう。

ですが、他人は他人、自分たちは自分たち、
世間体を気にする必要などないことです。

双方の関係がそれで安定しているのなら、
無関係の第三者にとやかく言われたからと言って
その関係を崩すようなことをする必要は全くありません。

あなた方ご夫婦が親戚たちとどう付き合っていきたいか、
要はその一点だけです。

親戚関係とは一時のものではなく
これから先長く続いて行くものです。

お互いが気持ちよく付き合っていけるよう
まずは夫婦で良く話し合ってみましょう。

 

 

関連記事 →お中元を送る時期と相手は?時期を逃してしまったら?お返しのお礼は必要?

スポンサーリンク

-日常の知恵
-, ,

関連記事

緑色の冬瓜

冬瓜の調理方法と保存方法

冬瓜(とうがん)の旬は夏で6月~9月が食べ頃ですが、日持ちが良く夏に収穫したものでも冬まで保存しておけることから「冬瓜」と名前が付けられました。 表面に白っぽい粉が出ていてずっしりと重いものが熟した食 …

木のまな板の洗い方と乾かし方、使い始めの注意点

木って、ぬくもりがあって良いですよね。 プラスチックと比べてちょっと手間は掛かるけど 正しく扱えば長く使えるし愛着もわいてくる。 まな板も、100円でも買える手軽なプラスチックのものから 大理石、何万 …

爆ぜたいがぐり

栗の皮の剥き方(基本編)

ほくほくと甘味があって美味しい栗はそのままでも栗ごはんにしても、お菓子にも使えてとっても便利な食材です。 が、栗の皮むきって、大変ですよね。 外側の硬い皮を鬼皮、中のしわしわの皮を渋皮と言いますが、栗 …

ポスト 年賀状投函

年賀状はいつからいつまでに出す?いつまで出せる?

11月になると年賀状の販売がスタートして「年賀状の準備しないと!」とハッとする人も多いと思います。 かく言う私もまだ1ヶ月以上もあるし~なんて思っているとあっという間に年末になって焦ることも多いのです …

梅雨時期のお弁当の注意点、傷みにくいおかずやおにぎりの対策方法

梅雨時期に増える食中毒。 自宅での料理は勿論、 お弁当となるともっと気を付けないと心配です。 今回は梅雨でも食中毒を予防出来る お弁当の作り方をご紹介します。 スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク