毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り 日常の知恵

ジェルシールの色移りの落とし方、溶けたジェルシールの剥がし方と予防法

投稿日:2017/10/02 更新日:

ハロウィンのジェルシール

ハロウィンやクリスマスなどイベントの時に家の中の飾りつけをするのは楽しいですよね♪

最近人気の何度も貼ったりはがしたり出来るシリコン製のゼリー状のジェルシール。
種類も多く子どもでも簡単に出来る飾りつけで、窓や壁、家具などいろんなところにぺたぺた貼っているおうちもありますね。

しかし、イベントが終わっていざシールをはがしてみたら薄っすら色が移ってしまってる!?
気付いたら熱でジェルシールが溶けてる!?
持ち家ならまだ良くても賃貸だと補修代が掛かったりして困りますよね。

今回は、ジェルシールの色移りや溶けてしまったジェルシールを取る方法、予防策のご紹介です。
この方法でスッキリ!してください♪

スポンサーリンク

ジェルシールの色移り、溶け残りの取り方

ジェルシールの汚れを手軽に落とす方法は、除光液・リムーバーを使う方法です。
マニキュアを落とす液ですね。100均にも売っていますから安く手軽に入手できます。

使うもの

・除光液・リムーバー
・コットン
・濡れ布巾
・ビニール製の手袋(除光液などが手に付かないようにする為)
・ビニール製のテープ・ガムテープ(ガムテープの方が幅が広いので手間が省けます)

手順

コットンを折ったり切ったりして色移り(溶け残り)の範囲に合わせます。 合わせたコットンの大きさより少し大きめ、長めにテープを切って準備しておきます。 テープはコットン全体を覆い隠せるようにしてください

手袋をはめて、コットンに除光液をたっぷりつけます。 そして色移りしている部分にコットンをぺたっと貼り付けます。除光液の水分でくっついてくれます。

その上から先に切っておいたテープでコットンを覆い隠すようにして貼ります。 こうするとコットンが乾いてはがれ落ちるのを防げるし、染み込ませた除光液が蒸発してしまうのも防げます。

貼り終えたら軽く押さえてコットンを密着させます。

途中、シールの隙間から除光液が垂れてきたら濡れふきんで拭きます。壁へのダメージは出来るだけ減らしましょう。

~30分ほど経ったら一旦テープとコットンをはがします。まだ色が残っていたら、再度コットンに除光液を染み込ませて壁に貼ります。 ※一度使ったコットンは色がついてしまっているので再利用せずに捨ててください。

色移りが消えるまでこの作業を繰り返します。

箇所が多く色移りが濃いほど時間がかかりますから、1日かけてのんびりと作業するつもりで始めると良いですよ。

また除光液よりももう少し強力なものとしてはお風呂のカビ取り剤、カビキラーなどでも同様に使えます。

 

※注意点※
この除去方法で気をつけるポイントは、除光液が壁を傷めてしまわないかどうかの確認です。除光液の種類と壁の材質とで合う合わないがあるので、壁の目立たないところ、隅っこなどで事前にパッチテストをしておきましょう。

コットンを小さく2cm角くらいに切ります。コットンは用意した除光液の種類分カットしてください。
たとえば除光液を3種類用意したならコットンも3枚用意します。

コットンにそれぞれの除光液を染みこませて壁の隅っこなどにテープで貼り付けたら1分ほど置きます。

はがしてみて特に異常がなければその除光液を使ってOKです。
合わないと変色しますから、その除光液はその壁には使わないでおきましょう。

また沢山の箇所に除光液を使う場合は気分が悪くなってしまうのを防ぐ為に換気扇を回したり窓を開けるなど換気状態を良くしてから作業してくださいね。

※※※※※

 

ガラスや鏡など表面にコーティングやフィルムが貼ってある特殊な加工がしてあるものだと加工そのものがはがれてしまう可能性もあるので、この確認作業は必ずすることをおすすめします。

ジェルシールの溶け残りの取り方

はがし残り、溶け残りを取る場合、先に紹介したような時間がかかる取り方をしなくても簡単に取れるかもしれない方法があります。

まず一番簡単なのが、消しゴムで擦ってみること。くっついた時間が短ければこれで充分きれいにはがすことが出来ます。

または、テレホンカードやクレジットカードなどの薄くてある程度の硬さのあるものではがす方法。薄いほどシールと接着面の間に入れやすいです。
間に鋭角にカードを挟み入れて削りはがしましょう。

カッターなどの金属のもので削り落とす方法もありますが、これだと傷が付きやすくなるのであまりおすすめは出来ません。手先が器用で慎重な作業が得意なら良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

ジェルシールの色移りや溶けてしまうのを防ぐ方法

ジェルシールで有名なのはジェルジェムという商品です。

 

100均でもジェルシールは売っていて、より手軽にデコレーションが楽しめるようになってきています。ですがやっぱり素材はジェルジェムに劣っていて、100均の方が色移りしやすかったり溶けやすかったりします。
場所によっては2週間くらいですぐに色移りしてしまうこともあります。

それにジェルジェムでも、毎日直射日光が当たる南側の窓なんかに半年も貼っておくと確実に溶けます。窓に貼る場合は直射日光の当たらない窓を選びましょう。

冷蔵庫やお風呂など、比較的長く貼っておくような場所には、ちょっと高いですがやはりジェルジェムの商品を使った方が後がラクです。

貼るもの、貼る場所によって使い分けるなどしてうまく使いこなすと良いですね。

また、たとえば同じお風呂の壁でも、数週間単位で定期的に貼り位置を変えることで色移りの防止になります。
お部屋の模様替え気分でアレンジを変えてみると楽しめて良いですよ♪

 

ジェルシートの色移り、溶けたシールの取り方と予防法 まとめ

シールが色移りしてしまった場合は除光液やカビ取り剤を使うと落とせます。
溶けてくっついてしまったジェルシールは消しゴムや薄いカードなどで落とせる可能性もあります。

色落ちや溶けるのを防ぐには、定期的に張り替えて粘着が定着してしまうのを防いだり、熱で溶けてしまわないように直射日光が当たる窓は避けたり高温になる場所には貼らないようにしましょう。

 

 

関連記事→ ジェルシールの保存方法と場所、汚れの落とし方。
    → 除光液の使い方・使い道、便利な利用法と捨て方。

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, 日常の知恵
-, , ,

関連記事

2階サイド席から見たバレエ、オペラの劇場

バレエ鑑賞、あると良い持ち物は?

今回は、バレエ鑑賞に持って行くと良いアイテムをご紹介します。 せっかく観に行くのですから、準備は万端にして思いっきり楽しみましょう♪ スポンサーリンク

柴犬

南総里見まつりの日程と見どころ

千葉県館山市の秋の観光イベント「南総里見まつり」 毎年10月中旬に開催される南総里見まつりは、戦国時代に安房国を治めた里見氏と、滝沢馬琴の伝奇小説「南総里見八犬伝」の世界を一緒に再現したおまつりです。 …

春の七草 すずな・すずしろ・せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ

七草粥の意味と由来。七草粥はいつ食べるもの?簡単で美味しい作り方も。

1月7日は七草粥を食べる日、と記憶している人も多いと思います。 でもなんでおかゆを食べるのでしょうか? そんな七草粥の由来や意味、ご飯を使った簡単な七草粥の作り方をご紹介します♪ スポンサーリンク

炭火で焼いているお団子

白玉粉、上新粉、 団子粉の違いは?特徴と選び方。

日本の行事ではよく登場する「団子」。 ぜんざい、三色団子、柏餅、月見団子…色々ありますが たまには自分で作ったもので季節を感じるのも良いですよね。 でもいざお団子の材料を買いに行くと 粉にも幾つか種類 …

岩の上に置いた汚れたトレッキングシューズ

登山靴の手入れの基本と寿命

初めての登山なら靴を酷使するようなハードなトレッキングはしないと思うのでそこまで酷く靴が汚れることはないとは思いますが、それでも下山後はしっかりとした靴の手入れが必要です。 今回は基本的な靴の手入れの …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク