毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

日常の知恵 食べ物

いちじくの食べ方と保存方法。

投稿日:2017/07/18 更新日:

半分にカットした紫色のいちじくとドライイチジク

いちじくは夏が旬のものと秋が旬のものがあります。
なのでいちじくは6月~10月頃まで長くたのしめます。

カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンなどがバランスよく含まれており、不老長寿の果物と言われるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物です。

今回はそんなイチジクの食べ方や保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

いちじくの食べ方、皮ごと食べる?

いちじくは表面をざっと水で洗って、半分に割って食べます。
割るのは、食べやすくするという理由もありますが、中に蟻や虫がいないかの確認の為でもあります。

熟した食べ頃のいちじくは頭が割れるので、場合によってはそこから虫が入り込むことがあります。スーパーなど店頭で売られるものは並べられる前に確認や処理をされているはずですが、一応自分でも確認してみた方が安心です。

皮も食べる時はこのように半分に割ってそのまま食べます。

いちじくにはいくつも品種があって、皮の色が黄緑色のホワイトゼノアやバナーネは皮ごとそのまま食べた方が美味しいです。また皮が薄いネグロラルゴや、ロードスなども皮ごと食べられます。

先端の割れた熟した黄緑色のいちじく先端の割れた熟した紫色のいちじく

ドーフィンは国内生産1位の品種のいちじくで、店頭に並んでいるいちじくの大半はこの品種です。

ドーフィン いちじく

ドーフィンは皮が厚いので、食べられない訳ではないですが皮は剥いて食べた方が良いという人もいます。やはり口触りが少し悪かったりしますからね。
いちじくの種類によって食べ分けると良いでしょう。

また農薬が気になるという場合も皮を剥いて食べると良いですね。

皮は、先端の割れているところからでもじくが付いた方からでもどちらからでも剥けます。じくの方から剥いた方が比較的きれいには剥けます。バナナの皮みたいにスーッと手で引っ張って剥きましょう。きれいに剥けなかったら、それはまだ熟していないということになります。

剥いたらそのままかぶりついても、カットしても、好みのようにして食べましょう。

カットしたいちじくとアボカドトマトのサラダ

 

スポンサーリンク

いちじくの保存方法と食べ頃

いちじくは足が速いです。保存しておくと乾燥し甘みが減ってしまうので購入したらなるべく早く食べることをおすすめします。

保存する場合は常温なら1日ほど、冷蔵庫なら1週間位もちます。乾燥を防ぐ為にビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。丁寧に取り扱ってください。
果実に張りがなくなったり果皮色が暗い色調に変化したらかなり鮮度は低下しています。

冷凍庫でも保存出来ますが、解凍してそのまま食べることはおすすめしません。解凍の際に脱水してしまっておいしくないです。冷凍保存したい時はコンポートやジャム等に加工してから冷凍しましょう。

スーパーに並ぶ果物は未熟な状態で出荷されます。完熟していると輸送中の振動で傷んでしまう可能性があるからです。輸送や市場、店頭に並ぶ頃までに熟すように、未熟な状態で収穫している訳です。

なのですが、そういうイチジクだと店頭でもまだ未熟な状態のままの場合もあります。
出来れば地場のものを買った方が良いです。地場のものなら熟した状態で収穫出来るのでより美味しいいちじくが食べられます。

選ぶときのポイントは先端が割れているかどうかです。頭が割れるといちじくが熟した目安なのでぜひ覚えておいてくださいね。

頭の部分が適度に割れて全体的に赤~赤紫色に色付いたもの、軽く触ってみて柔らかいものが熟したイチジクです。また切り口が乾燥していないものの方が新鮮な証拠です。

未熟ないちじくは効能が低いだでけでなく、胃が傷んだりお腹をこわしたり、食欲をなくしたりすることがあるので注意しましょう。

もしも未熟なイチジクを購入してしまったら、また甘みがなくおいしく食べられない場合はコンポート、赤ワイン煮や干しイチジクなど加工して食べると良いでしょう。逆に熟し過ぎてしまったものは形が保てないのでジャムにすると良いですよ。

出来るだけ熟した、採れたての地場のイチジクを購入した方が美味しいイチジクを食べられるでしょう。

冷蔵庫で保存しておいたものを食べる時は、冷やし過ぎても甘味や旨味があまり感じられず良くないので、食べる~30前くらいに冷蔵庫から出して少し慣らしてから食べるのがおすすめです。

いちじくの食べ方 まとめ

いちじくは「無花果」と書くように、花は咲かないのに実が成ります。
でも実は、私たちが食べている部分は厳密には果実ではなくイチジクの花にあたる部分なんです。

果実のように見える部分は花軸が肥大化したもので、良く見ると切った時に粒粒のように見える花があるのが分かります。いちじくを食べる時にぜひ見てみてください。

いちじくはそのまま生で食べるのが一般的でそれが一番おいしい食べ方です。
皮がパンと張って中がきれいなピンク色で外の実が白いものが新鮮でおいしいイチジクです。

美容と健康にも。美味しい旬のいちじくを食べましょう♪

 

 

関連記事
→ いちじくの白い液体の正体とは?手や口がかゆくなる、ベタベタする原因は?
→ いちじくの色が白い、緑色のは食べられる?違いは?

→ あけびの食べ方と食べ頃、選び方と保存方法。

→ ほおずきの使い方。飾る、遊ぶ、食べる!

スポンサーリンク

-日常の知恵, 食べ物
-, ,

関連記事

新盆用の白提灯、家紋入り

新盆の白提灯はいつ飾る?処分の仕方と雨対策

お盆の時期には盆棚やお線香を準備したりお経をあげてもらったりと、何かと必要なものがありますよね。 このお盆とは別に、故人が亡くなって四十九日の忌明け後にはじめて迎える「新盆」があります。 新盆の時はい …

ふたを外した目薬

目薬が怖い時の差し方、コツ

デジタルツールの進歩によってドライアイや眼精疲労などの目の症状を訴える人が増えていますね。 そんな疲れ目に効くお手軽なアイテム、目薬。 目薬を使っている人は多いと思いますが でも目の中に何か入れるのは …

モロヘイヤの栄養と効能、家庭菜園での収穫の際に注意すべきこと

「王様の野菜」の異名を持つモロヘイヤ。 今回はそんなモロヘイヤの栄養と効用、家庭菜園で食する際の注意点をご紹介します。 スポンサーリンク

ござに敷かれた夏野菜盛り合わせ

糠漬けにするとおいしい食材は?漬け置く時間の目安は?

糠漬けの定番野菜と言えば、きゅうりやナスですね。 でも実は他にもいろんな食材で糠漬けが出来るんです。 今回は糠付けにするとおいしい食材と漬け置く時間の目安についてご紹介します。 スポンサーリンク

輪切り唐辛子を入れたらっきょうの甘酢漬け

らっきょうの漬け方のポイント、注意点。

らっきょうの塩漬けや甘酢漬けなどらっきょうの漬物、手作りしている人も多いと思いますが、せっかくつくるなら美味しく漬けたいですよね。 何度も漬け慣れていれば自分の好みやコツなどもわかりますが、これからは …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク