毎日気になる日々のこと

日々の暮らしのイベント情報や、日常で疑問に思ったことなどをご紹介

イベント・お祭り デート、おでかけ

館山の祭りと一緒に立ち寄りたい房総観光スポット

投稿日:2017/10/01 更新日:

館山城 城山公園

南総里見まつりに館山まで来たなら、折角だから館山観光もしたいですよね。

千葉県館山市近辺のおすすめの観光スポットをご紹介します♪

スポンサーリンク

里見八犬伝の舞台地、城山公園

南総里見まつりに来たならぜひ!里見八犬伝の舞台になった里見義実の居城跡にある城山公園を訪れてはいかがでしょうか♪

館山城天守閣
館山城

季節ごとに色々な花が咲き、晴れた日には市内と館山湾が一望出来ます。
公園へは無料で入れますし時間制限もないので早朝でもお城の側へ行って見ることが出来ます。

館山城天守閣は小山の上に建っているので少し登らないといけないんですが、階段とスロープの2コースに分かれていて、お年寄りやこども連れでも登りやすいように整備されています。

意外と小さいお城ですが眺めはとてもきれいです。お城を見て、街と海を見て。ぜひ癒されてください♪

館山市街地の眺め

お城の中は八犬伝博物館になっています。里見氏を題材にした「南総里見八犬伝」に関する各種資料の展示などがあります。八犬伝の人形だったり昔のNHKの放送が流れていたりと
お祭りの前後に来てお勉強してみるのも良いかもしれませんね。

入場は9時~16時30分までで、料金は一般300円、小・中・高校生150円です。

 

沖ノ島公園で無人島散策

ネイチャーアイランド、沖ノ島公園を散策して自然に触れるのもおすすめです。

沖ノ島への浜辺

沖ノ島の周囲は1km弱と歩くだけなら15分ほどで済んでしまう小さな島です。
島までは200m程の砂浜で繋がっていて、夏場は海水浴場として大人気の場所です。

水が非常に綺麗で、周辺の海域にはサンゴが生息してるんです!沖ノ島公園はサンゴの北限域としても知られている場所だったりします。

島は無人島で、様々な植物が自生しているネイチャーアイランドです。
入り江や岬から広大な景色を眺めたり散策したり、きれいな貝殻を拾ったりとゆったりと自然を感じて過ごすことが出来ますよ。

無人島で自動販売機やお店は一切ないので、ちょっと長居をするなら飲み物や軽食なんかは持って行った方が無難ですね。
トイレは島の真ん中ほどにありますがトイレットペーパーはないので持参が必要です。

 

スポンサーリンク

日本最長の館山夕日桟橋

館山夕日桟橋は沖合い400mまで延びる道路桟橋で日本最長の桟橋なんです!大型客船や高速ジェット船の発着点になっています。

勿論先端まで歩いていくことが出来ます。道中にいるウミホタルのモニュメントは写真を撮らずにはいられない可愛さ(!?)です。ぜひとも現地に行って彼らをカメラに収めて来てください。
晴れた日には富士山も見えて、恋人の聖地にもなっていたりします。

桟橋のたもとには渚の駅たてやまがあります。
渚の駅たてやまは観光施設で、海洋民俗博物館や大型の展示水槽、展望デッキにお土産屋やレストランなどの施設が集まっています。

館山のふるさと大使はさかなクンなのですが、さかなクンが渚の駅たてやまの名誉駅長に就任したことで渚の博物館内1階にさかなクンギャラリーが出来ています。

大型展示水槽のある海辺の広場では館山湾内に生息している魚などが観察出来たりきれいな貝殻の展示もあって、小さい水族館みたいで楽しめますよ。

展望デッキからは館山湾が一望出来て、城山公園の館山城天守閣が見えたり館山の市街地を見渡すことが出来る気持ちの良い場所です。
テーブルとベンチもあるので、天気が良ければここで館山湾を見ながらランチをするのも良いですね。

 

まとめ

館山駅東口と西口にはレンタサイクルがあるのでおすすめです。これなら車じゃなくても少し遠くまで観光して楽しむことが出来ますね。電動アシスト付きなので坂があっても安心です。

料金は1時間300円、2時間500円、1日1,500円なのですが、ちょっとお得に借りる方法があります。
館山ファンクラブに無料会員登録をするか、館山市観光協会LINEに登録すると2時間以上から100円引きになります!
折角ですから登録してお得に利用すると良いですよ♪

 


旅の予約は楽天トラベルがおすすめ

 

 

関連記事
→ 南総里見まつりの日程と見どころ

→ 乗り物酔いの予防方法で効果のある食べ物や飲み物は?


→ 京都の紅葉を雨でも楽しめるおすすめ寺院3選

→ 川越まつりのおすすめ場所と見どころ、楽しみ方

スポンサーリンク

-イベント・お祭り, デート、おでかけ
-

関連記事

青空の下風に泳ぐ鯉のぼり

鯉のぼりはいつからいつまで出す?夜はしまう?

5月5日はこどもの日。 こどもの日の象徴的なもののひとつと言えば、こいのぼり。 4月に入るとちらほらと風に泳ぐ鯉を見かけるようになりますが、鯉のぼりはいつから飾るものなのでしょう? しまうのはいつ? …

夜の阿波踊り、踊る女性

高円寺阿波踊り、浴衣や子供連れでも問題ない?飛び入り参加は可能?

今回は、高円寺阿波踊りは浴衣でも楽しめるのか、また子供連れでも楽しめるのか、自分も踊りなくなったら踊りに参加出来るのか?についてご紹介します。 他にもこちらでご紹介していますので併せて参考にしてみてく …

古書

神田古本まつりの見どころや楽しみ方、混雑状況

世界一の古書店街、東京神田神保町。 この街で年に1度開催されるのが古書の大バーゲン「神田古本まつり」です! 10時から19時まで1週間以上にわたり開催されるこのおまつりには日本国内のみならず海外からも …

窓についた雨粒

雨の日の野球観戦、中止の判断はいつ?持ち物は?チケット代はどうなる?

初めてのプロ野球観戦、楽しみにしていたけどなんだか雲行きが怪しい… もしかしたら雨になるかもしれないけど、その場合どうしたら良いの? スポンサーリンク

プロ野球観戦、何時間前に行くと良い?試合の平均時間は?ひとりで自由席でも安心?

初めてのプロ野球観戦、何時間前に球場に着くと良い? 自由席でのひとり観戦でも安心して席移動出来る? スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

スポンサーリンク